2007年11月20日 11:09
絶対の絶対に通ってはいけない道

ガソリン高騰で悲鳴を上げる人も多い今日この頃ですが、税金の安いアメリカはともかくヨーロッパでは、日本よりさらに高い値段です。

そしてその状況が生み出した、驚愕の映像がありましたので紹介します。


続きを読む

スポンサードリンク
zeronpa | カテゴリ:動画  面白ネタ  タグ:
2007年11月20日 08:23
あなたの心ではありませんでした。

一昔前まで治安がいいといわれた日本も、盗難はかなり増えてきました。そうは言っても海外の比ではありません。

どこの国へ行ってもやはり盗難は非常に多く、問題になっています。盗まれるものも現金だけではありません。どんどん悪質にもなっています。

さて、2週間ほど前にマレーシアで盗難がありました。普通の盗難とちょっと違う、いや前代未聞に違うところは、その盗まれたものなのですが…


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  面白ネタ  タグ:
2007年11月19日 23:05
オヤジギャグは寒いゾウ

使ってはならないダジャレを、しかもタイトルで使ってしまいプチ反省しております。

象が持ち前の鼻を抜群のコントロールで、ダーツを的に当てたり、絵を描いたり、サッカーをしたりといったYoutube動画がありましたので、小ネタですがさらっと紹介しておきます。

タイの動物ショーのようですが、一度行ってみたくなります。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  動画  タグ:
2007年11月19日 09:16
遠山の金さん オリジナル・サウンドトラック
この桜吹雪が目に入らぬか!

入れ墨というと、日本ではちょっと怖い印象でスーパー銭湯にも入れなかったりしますが、欧米ではファッションとして一般市民が気軽にタトゥーを彫っています。

以前、雑誌の刺青記事で、銀行員や弁護士にも非常に多いと載っていたのを見たときには、さすがに日本ではありえないなと驚きましたが、ところ変われば文化も変わるという感じです。

一般市民や有名人に関わらず結構多いのが、家族の名前を入れるということで、夫婦で名前を入れあったり、子供の名前を入れたりしています。ベッカムなんかもそうですね。

しかし元々アートの世界でもあるわけで、なかでもちょっと目を引いたのが、サイエンスのタトゥーを入れている人たちです。

なぜこんなTattooをしているのかは謎ですが、何を意味しているのかがわかると結構面白かったりするので紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:サイエンス  アート・デザイン  タグ:
2007年11月19日 05:15
夫が死んだあとに妻が注文したもの

悲しくも最愛のパートナーが、ふいにこの世から先にいなくなってしまうときがあります。

残された者がつらい気持ちをかみ締め、どうにかして相手のそばにいたい、と願う気持ちは想像に難くありません。

最愛の夫を亡くした女性が彫刻家に頼み、暮石として作らせた、ある愛の墓の画像をご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応  タグ:
2007年11月18日 22:15
モバイルマニアのカーナビ01

携帯、ipod、PDA、ミニノートなど、モバイル機器やガジェットの類は、一人で複数持ち歩くのも当たり前になりましたが、日進月歩で高機能・多機能化しているため、機能がかぶることも増えました。

デジカメ、音楽/映像再生、ゲーム、ネット接続etc...

そして最近増えてきたのがGPSです。一台GPSが搭載された端末があると、何かと便利なものです。

しかしこれがマニアの場合、大量に増えたモバイル端末によって、こんな状況になってしまう、という画像がありました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:IT・ガジェット  面白ネタ  タグ:
2007年11月18日 21:21
ファイナルアンサー!

世界記録の中でも、人間の抜きん出た能力の記録は素直に感嘆してしまうものです。そしてつい先日、新しく記録が塗り替えられたものに、「暗算」というものがありました。

普段接する天才的な暗算というと、8桁×9桁くらいの計算をさっと解けるというようなもので、それすら凡人の我々には、これはすごい!となるわけですが、やはりそこは世界レベル。

そんなものじゃありません。アレクシス・ルメール氏による世界最高レベルの記録とは、どんな暗算なのかというと……


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  サイエンス  タグ:
2007年11月18日 11:23
お金が有り余った人向けの超高価アイテム集

お金というのは、無いところには綺麗さっぱり無いですが、有るところには有り余るほどあるようです。そして湯水の如くお金が湧いてきて使い道に困っている人のために、むやみやたらに高価でゴージャスな商品が用意されています。

一般人にはよくわからないと言いますか、手が届かないと言いますか、しかし見るだけなら許されるという、絢爛豪華でセレブな品物を集めて参りました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ   タグ:
2007年11月17日 20:16
洞窟の中にある中国の小学校-バスケ

中国の南西部にある貴州省には、なんと小学校が丸ごと洞窟の中にあるそうです。

さすが中国、広さも歴史も尋常じゃないようで、まだまだ未知の驚きが一杯です。

上の画像は、休み時間に校庭でバスケをしている所だそうです。月面か核戦争後の映画撮影でもしてるようですが、ただの小学校です。

授業風景など、その他の画像は以下よりどうぞ。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  面白ネタ  タグ:
2007年11月17日 10:48
ふと時間の使われ方を図にして考えてみた

時間というのは有効に使おうと努力はしていても、どうしても無駄が出てきてしまうものです。それが日々積み重なっていくと結構な時間になるのではないでしょうか。

何の番組だったか忘れましたが、数年前にテレビ番組で人は一生の間に、これだけの時間を使っているという、人生で行動する総時間を算出していました。

例えば、一生の間に待たされる時間は平均3年である、といったように。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ   タグ:
2007年11月17日 08:09
ミニスカートの中に短パンやスパッツを履くのはスカートに対する冒涜ではないかと思うんです。

タイトルの通り、海外サイトの記事に北朝鮮のラッシュアワーと題された画像がありました。

北朝鮮のラッシュアワーとは一体どんなものなのか以下よりご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ   タグ:
2007年11月16日 23:07
ジョークでわかる無宗教の温度差

日本で血液型を聞かれるのと同じように、欧米では宗教を聞かれることが多いです。

これは宗教によって食事の制限や禁止事項など、会社や学校で差別されることのないよう考慮する意味もあります。

日本は仏教や神道の人が多いですが、キリスト教やイスラム教のように毎週教会へ行くとか、毎日お祈りするなどの習慣がなく、宗教に触れる時間は極めて少ないと思います。そういう理由もあってか、無神論者を名乗る人が大半を占め、仏教徒であっても教会式の結婚を平気で行えるわけです。

日本では「無宗教」であることは、悪いイメージどころか、安全で普通の人と思われます。そして近年ではカルト宗教の活動犯罪が一層目立つようになり、「敬虔な宗教家で信仰心がある」方が、変な目で見られがちです。

ところが欧米に行くとまた文化がちがうので、「無宗教」は世間であまり受け入れられていません。英語でいう「Atheist」(無神論)は、まだまだ市民権を得ていないように思います。

それを知らずに日本人が宗教を聞かれたときに、堂々と「無宗教です。」というわけです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ  ライフハック
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。