2007年06月12日 07:27
ここ最近、先進国では次々と死刑を廃止しようという動きがさかんである。 イギリスを筆頭にヨーロッパのほとんどは廃止しており、ロシアやオーストラリアなど、死刑廃止論者たちの声は確実に世界に広がりつつある。 その裏で、実際に殺人者を死刑にすることは、殺人を減らす働きがあるのかどうかという研究もなされていた。 そしてその答えは「YES」と出たそうだ。 一人の殺人者を死刑にすることによって、3〜18人の命を助けることができたかもしれないという結果が出ている。 当然この結果に反論者たちは少なからずショックを受け、データそのものに懐疑的ではある。 しかしながら、おもしろいのは、このデータを出した教授も死刑反論者だったようで、彼のセリフが非常に印象的であった。 「死刑にはそりゃ反対さ。だが結果は、死刑が殺人を予防すると出ている。これをどうしたらいいのかね?隠すのかね?」 当然同様の研究は今までにもなされていて、多少の数の差はあるものの、同じく死刑による別の殺人の減少の効果をあげている。 今までに出た結果として以下の例がある。 ・一つに死刑に対し、平均18の殺人を妨げる効果があがる(全国を対象にしたエモリー大学の教授による2003年の研究) ・イリノイ州での2000年の死刑一時廃止により、4年で150の殺人を誘発したとヒューストン大学の教授が2006年発表 ・死刑を早期に執行することは、殺人を減少させる効果を強固なものにする。2.75年早めることによって、殺人を一つ防ぐことができる。(2004年のエモリー大学の教授の研究による) 2005年には米国では16,692もの過失でない殺人事件があり、そのうち死刑執行されたのは60件だそうだ。 人命を尊重するという道徳的な理由で死刑を反論する人が多いが、この研究結果が正しいということになれば、この道徳そのものが揺り動かされてくるのではないだろうか。 殺人犯を一人救ってやるために、数人死ぬという結果が出るとなると・・・ Studies: Death Penalty Discourages Crime
死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う
森達也
朝日出版社
売り上げランキング: 37346
おすすめ度の平均: 4.0
4 結局は自分の「好き・嫌い」の問題
5 読むほどにアンビヴァレンス。
5 素直に率直
1 テラーの想像力
4 著者自身の気持ちの揺らぎがそのまま出ている本

続きを読む

スポンサードリンク
sallyann | カテゴリ:政治・法律   タグ:
2007年06月12日 05:32
世の中にはもうそれはそれはいろんなツールが出回っていますが、いったい他のみなさんはどんなツールを使っているのかと思うことはないでしょうか。 tolboxというサイトでは、PROGRAMMERS/SYSTEM ADMINISTRATORS/WEB DESIGNERSの3種にジャンル分けされた、281個ものツールがランキング付きで紹介されてます。 Linuxにデータベース、MacにWindows、Eメールにウィルスと、インターネットやスクリプトなど扱ったありとあらゆるツールが勢ぞろい。 例えばWEB DESIGNERSは、更にcolorやcssなど、9つにジャンル分けされています。 このツールたちのランキング、どうなっているかといいますと、Firefoxの拡張をインストールして、ユーザー登録し、それぞれのツールのBoxボタンを押すんですね。そうするとFirefoxに追加されたツールボックスアイコンから、Boxに入れたツールのサイトにすぐアクセスできるようになります。そしてそれが1票入ったことになり、その票数順に並ぶようになってるようです。 ユーザーは自分のお気に入りのツールのサイトにすぐアクセスできるツールボックスアイコンを手に入れ、サイト運営者は人気情報を手に入れる、というわけですね。なかなかおもしろいことを考える人がいるものです。 人気ブログランキングへ
続きを読む

sallyann | カテゴリ:IT・ガジェット   タグ:
2007年06月06日 08:23
何がどうおもしろいかって言われると困るような、しかし一度は見てしまうようなGoogle Mapネタである。 カリフォルニアのサンブルーノ市の道路で○○するところをグーグルのストリートマップで発見! というただそれだけのネタがどうしてこんなに人気があるのかと思った本日の始まりであった。 画像は→ココ ズームしていってくださいな。 人気blogランキングへ
Google Maps Hacks -地図検索サービス徹底活用テクニック-
Rich Gibson Schuyler Erle 武舎 広幸 福地 太郎 武舎 るみ
オライリー・ジャパン (2006/07/22)
売り上げランキング: 21892
おすすめ度の平均: 4.5
5 地図は楽しい!
5 追加情報がサポートページにある
4 最新ではないが、必要充分な一冊です。

続きを読む

sallyann | カテゴリ:面白ネタ  IT・ガジェット
2007年06月05日 07:19

南アフリカでLinuxデスクトップの大量導入があったようだ。

Linuxというものを知らない人のために説明すると、フィンランドのリーナス・トールバルズ氏が大学生の時に開発したOSの中核を成すソフトウェアで、1991年に初めてインターネットで無料で自由に使える形で公開されたものだ。それをGNUプロジェクトが同じく無料で自由に使えるOSを目指して作りかけていたものと組み合わせると、なんとちゃんと動くOSになってしまった。これはおもしろいというので世界中のプログラマがよってたかって改良しまくった結果、商用OSにもひけを取らない立派なものになってしまい、GNUとLinuxを組み合わせた商品を販売する業者も現れるようになった。自由に使えるということは勝手に売ってもいいということなのだ。

今回導入されたNovell社のSUSE Linuxもそのひとつ。上の動画はSUSE Linuxのデスクトップ画面だ。導入された台数はなんと12000台、680の支部に導入したらしい。サーバや組込み系(携帯電話等)では驚異的な広まりを見せてるLinuxだが、デスクトップ分野はまだまだ普及が始まってるとは言えない。これほどの大量導入は例が無いのではないだろうか。

この導入の背景には、どうやらMicrosoftがSUSE Linuxのサポート契約を始めた事がある模様。自由に使えるOSがポリシーのLinux陣営とは相容れないはずの独占企業マイクロソフトがLinuxのサポート業務をやるというのも意外だが、実はマイクロソフトとノベル社は戦略的な業務提携を結んでいる。これもその一貫ということだろう。

しかし、宿敵マイクロソフトとの提携にはノベル社を裏切者扱いする人たちもいるわけだ。果してこのままうまく行くのかねえ。

人気blogランキングへ
Novell SUSE LINUX 10.1 日本語版
ノベル (2006/06/02)
売り上げランキング: 816
おすすめ度の平均: 5.0
5 インストールがすんなり。
5 自作PCにインストールしました!
5 よくできたOS

続きを読む

sallyann | カテゴリ:海外ニュース  IT・ガジェット
2007年06月04日 07:54
迷惑メール撲滅のための法規制が欧米ではなかなか盛んであるが、相変わらず日本は遅いようである。 そのうち欧米でスパムメールを送れなくなったものたちが、いっせいに日本を襲うのではないかと思うくらいである。
続きを読む

sallyann | カテゴリ:IT・ガジェット 
2007年05月12日 00:00
この記事は新しい機能を試す用です。 ナイショ!
続きを読む

coush | カテゴリ:告知 
2007年05月11日 00:00

過去の連載記事をまとめました。新しい順で、各連載も上に行くほど新しい記事となります。

詳細は続きからどうぞ。


続きを読む

coush | カテゴリ:告知 
2007年05月10日 17:48

「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めることを表明します。

  1. 個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
  2. 個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
  3. 個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
  4. 個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
  5. あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。
    ※ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。

続きを読む

coush | カテゴリ:告知 
2007年05月10日 00:00
coush | カテゴリ:告知 
2007年05月03日 00:00

らばQでは、たくさんの記事をお送りしたいのですが、人手が足りなくて今以上に記事を配信することができません。

こんな面白い記事もあるのに、私が参加できたらもっと面白くなるのに、人目にさえ触れれば大ヒット間違いなしのネタがあるのに…と思われた方、らばQに記事を投稿してみませんか?


続きを読む

coush | カテゴリ:告知 
2007年05月02日 00:00

らばQでは、ページの上部に表示する写真を募集しております。面白い写真や綺麗な写真、不思議な写真などありましたら、ぜひお送り下さい。

注意事項

写真は、自分で撮影した写真など、著作権上問題のないものををお送り下さい。他のwebサイトから持ってきたものや、出所の不明な写真は掲載できません。

また、撮影禁止の場所で撮影した写真、肖像権を侵害している写真、公序良俗に反する写真、広告目的の写真など、不適切と判断した写真は掲載できません。また、お送りいただいた写真全ては掲載しきれないため、掲載されなかったり、入れ替えがあることをご了承下さい。

お送りいただいた写真は、色調、サイズなどを調整する場合があります。

無断で写真が掲載されていた場合

もしも投稿した覚えのない写真が無断で掲載されていた場合は、こちらまでご連絡下さい。
続きを読む

laba_q | カテゴリ:告知 
2007年05月01日 00:00

らばQは、世界のニュースともつ煮込み情報を日本語でお送りする、バラエティニュースサイトです。現在6名で細々と運営しておりますので、色々至らない面もありまして、何か不具合やおかしな事があっても、ああ、一杯一杯なんだな・・と察していただけるとこれ幸いです。
もし何かお気に召さない点、こうして欲しい的な要望、タレコミなどありましたら、お気軽にご連絡頂けると助かります。ただ、やはり一杯一杯なため、なかなか返事ができなかったりという事もありますので、どうか寛容なお心で接していただけるようお願い申し上げます。

リンクについて

らばQのトップページ、記事へのリンクは原則的に自由です。事前のご連絡は必要ありません。

記事の引用について

らばQの記事を引用される場合、非商用目的に限り、引用元である元記事のタイトル、元記事へのリンク(URL)を併記していただければ、特に事前のご連絡は必要ありません。
但しアクセス増加や広告収益などの目的で記事を丸写しまたは加工し、自サイトのコンテンツのように使用する、またはそれに類する行為を禁じます。

雑誌・メディアへの掲載について

各種メディアへの掲載につきましては、事前にメールによるご連絡を頂けると助かります。また掲載の折には、できましたら掲載誌などを頂けると至福の境地でございます。

広告掲載について

らばQでは、明日に向かって走り続ける日々の活動を応援して下さるスポンサー様、代理店様を募集しております。
広告掲載、タイアップ、コラボについてのお問い合わせは、メールにてadinfo@labaq.comまでお問い合わせ下さい。

記事広告について

らばQでは記事広告を掲載する事があります。記事広告の場合、記事のカテゴリに「PR」と表記しています。
広告であっても実際に私どもで試し、触り、感じたことを書くことをモットーとしています。また事実と異なる事や、体験していないことを体験したかのように書くことはありません。
また記事の内容の最終決定権はらばQ側にあり、読者に対して誤解を招くような訴求は、広告主が強く要望しても絶対に載せない、載せられない方針を取っています。
もし内容について問題がありましたら、info@labaq.com宛にメールをお送りいただくか、または記事末尾の「この記事へのご意見・ご感想」をクリックし、フォームからご連絡下さい。
※PC表示ではタイトル上部にPR表記をしていますが、スマートフォンではライブドアブログの仕様上、タイトルそばにカテゴリを表示することができません。そのため、暫定的にJavascriptでタイトル下部に挿入しています。

記事へのご意見

誤字脱字やご意見、ご指摘は、該当記事の末尾にある「この記事へのご意見・ご感想」をクリックし、表示されるフォームからご連絡下さい。
入力項目に必須事項はありません。お名前やメールアドレスは必須ではありませんので、匿名でもお気軽にご意見をお送り下さい。

謝辞

らばQでは、下記のツール、スクリプトを使用しております。この場を借りて、お礼を申し上げます。

hatena-bookmark-anywhere.js
はてなブックマークのコメント一覧を表示するJavascriptです。

※ここで定義する内容は、当初想定していなかった問題が生じた場合などに、予告無く内容を改訂する場合がありますのでご了承下さい。

らばQは、サイトピース株式会社が運営を管理しています。
サイトピース株式会社 代表 小林 博行
〒194-0211 東京都町田市相原町1152-4
お問い合わせ全般は、info@labaq.comへご連絡下さい。


続きを読む

coush | カテゴリ:告知 
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。