2007年08月18日 12:00

入ったが最後出られないというアクシデント

 
OnlyinMiddleSchool.jpg 悪ふざけしちゃうってことは誰にでもあります。 入ったはいいけれど、出られないなんてこともよくあります。 上の写真がそれを物語っていますが、命に別状はないアクシデントってのはやはりこう笑いがこみ上げてきますね。 いえ、本人や周りは必死なんでしょうけど。
入ったはいいが出られなかったというのはこの子供だけでもなかったようです。 アメリカでは7歳の子供から911番(日本の110や119番に相当)電話がかかってきました。 彼のベビーシッターを助けようとして電話してきたのですが、なんだかとてもかわいいです。 この後が妙にどうなったのか気になるところではありますが、消防隊が駆けつけ7歳の子が必死で説明している様子が目に浮かびます。 7歳、万歳!

関連記事

犯罪・事故から子どもを守る学区と学校の防犯アクション41
寺本 潔
黎明書房 (2006/10)
売り上げランキング: 460827
 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。