2007年08月24日 23:11

親から受け継ぎたくない遺伝ランキング・ワースト10

 
受け継ぎたくない遺伝TOP

好む好まざるに関わらず、親から受け継ぐ遺伝というのは人生につきまといます。

母親に似て美人だとか、父親の高い知能を受けついだとか、もらう遺伝子はいいものばかりでもありません。

こんな遺伝子は受け継ぎたくないワースト10が記事になっていたのでご紹介します。

10.ハゲ

受け継ぎたくない遺伝10

男性に多いハゲですが、いまだなぜ薄くなってゆくのはしっかりとは解明されていません。もちろん遺伝が成すとも言われますが、親からの受け継ぐ数個の異常な遺伝子の組み合わせによって起こるとされています。
余談ですが、親も親戚も一同にハゲていて、子供の頃から大人になったら絶対にハゲると確信した私の知人は、研究に研究を重ね(どんなのかは教えてくれませんでした)予防に早くからハゲみ、彼一人いつまでたってもふさふさでした。親戚中で「なぜお前だけハゲないのか」と何度も聞かれたそうです。遺伝を環境で変えることもできるのかなと思った一件ではありました。

9.乳糖不耐性

受け継ぎたくない遺伝09

中国人が乳製品を嫌うのは文化的なものと考えられていましたが、科学者たちが1960年代にアジア人、アフリカ人、南ヨーロッパ人は乳糖不耐性であることを発見しました。過去1万年の間に、牛乳などを消化できるように進化はしてきましたが、不耐性の人もまだまだいるようです。

8.にきび

受け継ぎたくない遺伝08

思春期は全員がなるかといえば、それほどにきび面じゃない綺麗な人もいますよね。やはり親が思春期にひどいにきびに悩んだなら、その子供も同じようなケースであることが多いらしいです。にきびが遺伝というのも肌や皮膚に関してそのまま受けつぐことも多いというのを物語っていますね。

7.双子

受け継ぎたくない遺伝07

一卵性双生児というのは偶然ですが、二卵性双生児は家族内に何度も起こります。母親がその遺伝子の鍵を握り、排卵時に2つの卵子を放ちます。父親で双子の遺伝子を持つと双子を作るわけではなく、娘に受け継がれた遺伝によって双子の祖父となる可能性が高いのです。これが理由で双子はよく隔世遺伝しますが、それがはっきり証明なされたわけではないようです。

6.心臓病

受け継ぎたくない遺伝06

家族に心臓病、糖尿病、高血圧による発作がある場合、心臓によくないと言われています。両親に心臓や脈管の病気がある子供は同じ病を発症しやすいと言われています。さらに先天性の心臓欠陥を持っていると心臓欠陥を持つ子供を持つリスクが高いとされています。

5.肥満

受け継ぎたくない遺伝05

特大のフライドポテトに遺伝子の組み合わせが肥満を作るレシピと言われています。
ひとつの理論として、その同じ遺伝が先祖を飢餓から救ったと言われていますが、生き残るために脂肪を体に貯めこむことができる体質ということです。食事が十分な場所にある遺伝としては逆に働くようです。近年の肥満のほとんどは間違った食事の摂り過ぎといわれていますが、確かに欧米の肥満は増加に一途をたどっているようです。参考:アメリカメタボリック社会に絶望した!

4.いじめ

受け継ぎたくない遺伝04

叱られるいじめっ子も、悪いのは両親?
暴力を振るうリスクを高くする遺伝子が発見されています。研究によると男の子の攻撃的な行動は、他人の昼食を盗むというような攻撃的では無い他の行動より、遺伝しやすいことがわかっています。
しかしこれは肥満遺伝といっしょで、環境によってはかなり変えていけそうですけれどね。

3.色覚異常

受け継ぎたくない遺伝03

色盲という言葉は、いまでは差別用語にあたるんでしたっけ。このような意見もあるようですが、今回の主旨とは別の話なので、色覚異常としておきます。
米国では1000万人が赤と緑を識別できないとされています。しかし女性では60万人に満たないのはなぜなのでしょうか。赤と緑の色を識別するレセプターはX染色体の近くにあるとされ、男性は1つのX染色体しかなくそれは母親から譲り受けます。女性は二つのX染色体を持つので、ひとつがもうひとつの欠陥をカバーするらしいです。

2.乳がん

受け継ぎたくない遺伝02

乳癌のほとんどの原因は解明はなされていませんが、最近の研究によりBRCA1やBRCA2などの遺伝子の変異が癌の原因になるとされています。女性でその変異のある遺伝を受けついだ者は若年で乳がんになる傾向にあると言われています。男性でBRCA1を受けついだものは前立腺癌になる危険性があります。
癌が遺伝の影響を受けるため、同家族内で癌患者が何人か出るということがあります。そのことを友人は同家族内で患者が出たから遺伝かどうかは疑問だと言っていました。絶対に遺伝だよとデータを突きつけられるとどうにもなりませんが、家族というのは同じものを食べているとか環境が似ているせいもあるので、環境も左右するかもしれないと言うのにひどく納得してしまったのですが本当のところはどうなのでしょうね。

1.アルコール中毒

受け継ぎたくない遺伝01

アルコール中毒者の子供はアルコール中毒になるとは決まっていません。しかしながら最近の研究ではアルコール中毒になるかどうかの50%は遺伝によって決定付けられていると報告されています。残りの50%は環境による結果によるものとしていますが、確かに飲めない遺伝子の人がアル中にはなりませんよね。ところで遺伝と環境の影響が五分五分ってのは、どっちもあり得るよねってくらいアバウトな話の気もしますが。

祖父母や親のことをしっかり調べることは自分の発見になるのかもしれません。

親をいたわるのは自分の将来を見つめるという役割を果たしているのでしょう。

The Top 10 Worst Heredity Conditionsより
funny.com(Top画像)

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
1. 親から受け継ぎたくない遺伝子は・・・  [ オオーw(*゜o゜*)w気になる ]   2008年08月27日 18:06
親から受け継ぐ遺伝子で、ありがたいものならいくつかありますよね。 顔が可愛いとか美人とか、背が高いとか運動神経がいいとか・・・ 受け継ぎたくない遺伝子もいろいろありますけどね。 面白いニュースからあれこれ拾いました。 ハゲって遺伝ですかね? おじい....
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。