2007年09月01日 09:37

インターネット社会のブラックホール

 
ブラックホール 世の中には自由にインターネットできない地域もまだまだあります。 ほとんどは国が規制しているからというのが理由ですが、ネットの繋がりを地図にすると15個のブラックホールがあります。
画像内をクリックすると拡大画像が出てきます carte-web-en.jpg ベラルーシ、ビルマ、中国、キューバ、イラン、リビア、モルジブ、ネパール、北朝鮮、サウジアラビア、シリア、チュニジア、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナムです。 それらの国にインターネットのニュースが流れるとき、いったん政府によってブラックホールのように吸収されてしまいます。 Digg記事読者のコメント
・「興味深いがちょっと怖いね。こんなレベルの検閲されているような世界がまだあるとはね」 ・「プロパガンダ以外の何でもないね。 こういうのはどこにでも存在する。 我々が住むところにもね」 ・「昔は16カ国だったが、幸運にも我々が自由化してあげた」 ・「えっと、独裁、独裁、独裁、独裁、神政、独裁、知らない、君主、独裁、神政/君主、独裁、独裁、独裁、独裁、独裁だな まるであるタイプの政治形態は情報の自由という概念について、とてもつらそうだね。」 ・「Goatseがブラックホールだと思ってた」 ・「リビアはもう自由化されてない?」 ・「ニュージーランドの半分をカットしたな」 ・「ネパールがブラックホールなのはサーバーがないからでは?」 ・「オーノォーー、モルジブはきれいだからちがうことにしてくれ」 ・「えっと、共産、共産、共産、イスラム、イスラム、イスラム、君主、共産、イスラム、イスラム、イスラム、イスラム、イスラム、共産」 ・「これによると、太平洋、大西洋では、インターネットはしたい放題?」
まぁ欧米のみなさんも好きなこと言ってらっしゃいます。 むしろ情報が自由すぎてかなり適当です。 しかしながらどちらにしても、ネット天国な国にいることには感謝。 Reporters without borders: The internet's "Black holes"より

関連記事

蚊トラップドーム
蚊トラップドーム
posted with amazlet on 07.09.01
ホームクオリティ
売り上げランキング: 7457
おすすめ度の平均: 4.0
4 意外に蚊を獲ります
4 確かにとれますが
 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。