2007年10月21日 07:10

サイレンを鳴らしたパトカーを避けた車の悲劇

 
走っているパトカー パトカーや救急車や消防車などのサイレンが聞こえたら、通常車を横に寄せたりして、緊急車両を通します。 そんなのは日常でよくあることなので珍しくなんともないのですが、ドイツで62歳のハンスーピーター・ワーグナーさんが国内の高速道路を走っていると、後ろからパトカーのサイレンが聞こえました。 当然パトカーを優先させて通すために、車を慌てて端に寄せたのまではよかったのですが、彼には悲劇が待ち受けていました。
すぐ横の平らなコンクリートに乗り上げて寄せたのですが、なんとそこのコンクリートがまだ固まってなかったのです。 すっかりタイヤはコンクリートに沈み、車が抜け出せなくなりました。 コンクリートにはまった自動車 ワーグナーさんいわく、「普通の道路に見えた」んだそうで、「よもやコンクリートが乾いていないとは思わなかった」そうです。 そりゃそうですよね。 結局警察はワーグナーさんを救い出さなきゃならなかったそうですが、なんとも不運な悲劇です。 教訓は、後ろからサイレン鳴らしたパトカーがきたら 冷静かつ迅速に横のコンクリートが乾いてるか確認も怠ってはいけないということです。(んなあほな) リンク元:http://spluch.blogspot.com/2007/10/stop-police.html

関連記事

効果音大全集(14)
効果音大全集(14)
posted with amazlet on 07.10.21
効果音 日本サウンド・エフェクト研究会
キング (1999/03/05)
売り上げランキング: 74512
 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
ちょwwwwwおまっwww いくらなんでも失礼だと思わねぇのか・・・??? ●海外ニュース/こぼれ話 ・愛犬誘拐 身代金は4000万円 / 日刊スポーツさん    南米コロンビアは誘拐のメッカwwwww ついには犬まで・・??
トラックバックURL
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。