2007年11月12日 12:27

飛行中にエンジンが落下、乗客は恐怖に凍りつく

 
飛行中にエンジンが落っこちて乗客は恐怖に凍りつく1

そのとき、男性の乗客は冷や汗を流して凍りつき、女性の乗客は泣いていました。

乗客の一人のブレンドン・ペルサー氏によると、

「皆、恐怖で顔面蒼白になり、機内はパニックだった」

「最初、何かがぶつかるような音がすると、飛行機が左右に揺れて、右に座っていた人が「エンジンがない」と言ったんだ」

飛行機はアフリカのケープタウン国際空港を離陸したところでした。

飛行機が離陸して10分後にエンジンは落下しました。

乗客たちはこう述べています。

「最悪の事態を考えていた。みんな足の間に顔を埋めていたんだ」

「死にたくなかったので祈ったよ。まだ死ぬ心の準備なんて出来てなかった」

飛行中にエンジンが落っこちて乗客は恐怖に凍りつく2

しかしNationwide Airlinesのボーイング737のパイロットはなんとか飛行を続け、離陸したケープタウン国際空港に緊急着陸しました。乗務員を含む100人にケガ人はありませんでした。

前輪が滑走路を離れた時に、何かがエンジンに吸い込まれたのが原因ではないかと、現在調査中だそうです。

航空会社は破局的なエンジンの故障とコメントしています。

航空会社のウェブサイトによると、このタイプの飛行機は非常に強い力が加わると、翼にダメージを与えないためにエンジンを放出してしまうそうです。

cnn.com: Terror in the sky: Engine falls off plane, pilot flies to safety
via: spluch.blogspot.com: Engine Falls off Plane, Pilot Flies to Safety

全員無事でなによりでしたが、想像するだけでも、血の気が引きそうな状況ですね。

危ない飛行機が今日も飛んでいる〈上〉
メアリー スキアヴォ Mary Schiavo 杉浦 一機 杉谷 浩子
草思社 (1999/06)
売り上げランキング: 332630

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 落し物はなんですか〜♪  [ 脳内新聞(ソース版) ]   2007年11月12日 14:04
飛行中にエンジンが落下、乗客は恐怖に凍りつく(らばQ) 死人・けが人が出なくて良かったですね。 ポリドール 井上陽水/夢の中へ−ベストアルバム−
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。