2007年12月19日 20:06

海外アニメファンの選んだアニメ賞がおもしろい

 

ふとウェブをうろついていたら、今年2月に「アメリカン・アニメ・アワード」という日本のアニメに北米のファンたちが賞を与えるというイベントがあったことに気付きました。

検索すると日本のアニメファンのブログなどがひっかかりますが、あまり国内では大きく報じられなかったのでしょうかね。

しかし内容を見てみると、懐かしい作品などがごろごろしててニヤニヤしてしまいます。また、テーマソング賞なんてのもあり、意外なJ-POPアーティストが登場してたりもして非常におもしろい。

というわけでいくらなんでも10ヵ月遅れは旧聞すぎるだろというツッコミをよそに、American Anime Award を受賞した作品たちをご紹介しましょう。

American Anime Awards Official websiteより……と思ったらここ繋がらないですね。

しょうがないのでWikipediaの当該項目からひっぱってきました。賞の名前は適当に意訳です。

映画賞「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (通常版)

いきなり個人的にしょんぼりです。3DCGアニメでは人海戦術の強いアメリカに敵うはずもないと思うのですけどもねえ。やはり日本は職人芸こそが本筋ではないかと。

その他候補に上がった作品は以下の通り。

あれほど話題になったAKIRAより上ってのがますます納得いかないですね。感性の違いなんでしょうか。

コメディ賞「フリクリ」

フリクリ DVD-BOX

エヴァンゲリオンなどで有名なGAINAXのオリジナルアニメですね。さすがに海外でも評価が高いんですねえ。

惜しくも落選した候補作品たちは以下。

こどものおもちゃとは懐かしいですね。あの独特のハイテンションで早口のセリフ回しが心地よかったのを思い出します。らんま1/2もおもしろかったですねえ。他の2作もアニメファンにはお馴染みのヒット作ですね。

TVアニメ賞「鋼の錬金術師」

鋼の錬金術師 vol.1

近年ジャンプ漫画少年ガンガン連載の大ヒット作。ファン活動も活溌です。

この賞は落選した他の4候補が特徴的でおもしろいです。

連載誌を素で間違えてました。ご指摘ありがとうございます。

なんと妖怪モノ、忍者モノ、サムライモノx2というこの構成。全部日本刀でてきますよねこれ。ホントにチャンバラ好きだなあ。

アニメソング賞「リライト ASIAN KANG-FU GENERATION」

リライト

鋼の錬金術師強し。オープニングテーマの「リライト」が受賞してました。

T.M.Revolutionやオレンジレンジの歌をアニメを通して海外の人が聞いてるなんて、ちょっと感慨深いですねえ。

この他にもたくさん賞があるので、Wikipediaを見てみてください。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。