面白ネタ / zeronpa / URL
2008年01月16日 16:58

合成ではない驚き&面白写真11枚

 
合成ではない驚き&面白写真TOP

CG全盛の時代になってSFXや特撮という言葉も聞かなくなりましたが、それだけに合成や加工せずに撮影された写真は訴えるものがありますね。

以前、え?これが合成写真じゃないなんて…という記事で、サルバトーレ・ダリの写真を紹介しましたが、11枚の合成されていない写真がまとまっていたので紹介します。

有名なものも多いので、知ってるものもあるかと思いますが、これだけ並んでると壮観です。

合成ではない驚き&面白写真01

この不気味な生首写真は、穴の空いた鏡に顔を出して、鏡の枠内だけを撮影したトリックだそうです。落ち武者みたいなボサボサ髪は鏡の穴が見えないようにしてるのかも。

合成ではない驚き&面白写真02

天使の羽のような光るチューブを背負ってるように見えますが、シャッタースピードをスローにしてLEDライトのペンを動かしたもの。動かしてる人が見えないのは何故なのでしょう。

合成ではない驚き&面白写真03

カラーひよこ。昔は縁日なんかで売られていたみたいな話をちびまる子ちゃんで読んだ記憶。動物愛護の観点から今はやらないんだろうけど、確かにかわいい。

合成ではない驚き&面白写真04

以前見かけた画像ですが、この巨大な趣味の悪いうさぎは、何の目的で作られたんでしょう。

合成ではない驚き&面白写真05

遠景から見ると、よりシュール。

合成ではない驚き&面白写真06

あまりに美しい牧歌的な情景、それだけに電線が邪魔だなー

合成ではない驚き&面白写真07

自然に勝る芸術は無し、この世のものとは思えな色とデザイン。哺乳類でカラーの視力を持つものって少ないようですが、海の生物ってどうなんでしょうね。

合成ではない驚き&面白写真08

巨木のように見えるこれはなんだろう、クマ?イノシシ?

合成ではない驚き&面白写真09

巨大な猫。八頭身のアレが思い浮かびます。

合成ではない驚き&面白写真10

ボディービルダー犬。北斗の拳に出てきそうなムキムキですが顔は愛嬌あるので余計にギャップを感じます。

合成ではない驚き&面白写真11

この写真のハーマン君は体高1m近く、体重7.7kgだそうで、毎日2kgの食事を摂るとか。食用に品種改良されたこのジャーマン・ジャイアント種は、通常でも6kg程になるというから恐ろしい。

合成ではない驚き&面白写真12

どこのどんな状況か知りませんが、恐るべき砂嵐に飲み込まれようとしてるんでしょうか

11 Interesting Pictures That Look Photo Shopped But Aren'tより


なぜ、追いつめられたネズミはネコに噛みつくのか?
溝口 耕児
フォレスト出版 (2008/01/08)
売り上げランキング: 1
おすすめ度の平均: 5.0
5 さんざん読みあさりましたが、
4 良い本です
5 全ては自分の中に

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 合成ではない驚き&面白写真とは  [ 中高年パソコン初心者のWindows Vistaは1.80GHz! ]   2008年06月23日 02:46
詳細はこちら⇒⇒⇒クリック CGがあたりまえとなったご時世に、合成・加工なしの素の写真はインパクトがあります。 最初の犬の写真は合成ですよね? 手前の板と奥の葉っぱにピントが合っているのに、耳がピンぼけっておかしいよね? 生首写真は、解説を読むとなるほ...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。