2008年01月17日 17:19

富裕層のインド人、農家の体験に1泊で1万6千円

 
インドの農村

需要があるから供給があるのかもしれませんが、この世の中、何でもビジネスになりうるのには驚きます。

金持ちの道楽ともなると豪華なだけでは飽きてしまうのか、むしろ農村の暮らしをするのにも高いお金を払うようです。

インドの富裕層をターゲットにした、「農家のような暮らし」というのが売り出されていますが、なんと一泊150ドル(約1万6千円)もするそうです。農村有り余ってそうなのに…

富裕層のインド人向けに農家の体験1泊で1万6千円 -01

おもしろいことに宿泊には乳牛の乳搾りや、アヒル、鶏、犬などの世話なども含まれているようで、七面鳥などクリスマスのテーブルの上でしか見たことのない富裕層には画期的なようです。

富裕層のインド人向けに農家の体験1泊で1万6千円 -02

ネイティブの農家と立場交換をするのに支払いをするという発想になっているようです。

India's wealthy go back to nature より

もっとも日本でも社会科見学的な農家体験などもありますし、人間裕福になっても結局最終的に行き着くところは、シンプルライフなのかもしれません。

自然というのはお金を出して手に入れる世の中になってきたということでしょうか。


箱庭シリーズ 1/100 農家 組立キット
河合商会
売り上げランキング: 7435

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 変な旅  [ Nunockyの日記 ]   2008年01月17日 21:27
http://labaq.com/archives/50894633.html 雪国へ行って屋根の雪下ろしをするツアーがバブル華やかなりし頃にあったと思う。金払ってまであんな厳しい肉体労働したい馬鹿がいるのかねと思っていたが、意外と先見の明があったのかもしれない。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。