2008年01月28日 12:21

日本企業をサルとバナナで説明すると…

 
日本企業をサルとバナナで説明すると…

企業に勤める人には少し耳が痛いですが、猿とバナナによる面白いたとえ話があります。

心理学的なたとえ話として有名なので、知っている人も多いかもしれませんが、ある知人から日本の企業は特にこれに当てはまりそうだと言われたので、紹介してみます。

まずスタートとして、ある檻に5匹のサルを入れる。

この檻の天井の真ん中に、バナナがヒモで吊るされていて、そのすぐ下にはバナナに届く台が用意されている。

時間がそう経つ前に、一匹のサルがバナナを取るために台に近づく。

その一匹が台に触れた瞬間に、他の4匹に冷水を浴びせる。しばらくして別のサルが同じように台に近づく。

同じように台に触れた瞬間に、他のサルたちに冷水を浴びせる。

しばらくして、別のサルが同じように台に近づくと、他のサルたちが一匹のサルを止めるようになる。

さて、ここで冷水は片付けて、5匹のうちの1匹のサルだけを別のサルに入れ替える。その新しいサルはバナナを見て台に近づく。そのサルが驚くことに、台に近づくと他のサルから攻撃される。もう一度試みるが、同じように攻撃されるのでそこでやめる。

次にもう1匹のサルを別のサルと入れ替える。新しいサルは台に近づいて、他のサルたちに攻撃される。最初の新しいサルは、その攻撃にしっかり参加する。

同じようにまた別のサルを入れ替える。そして4匹目、5匹目と入れ替え、最初にいた5匹はいなくなり、もはや冷水をかけられたサルはそこからいなくなる。

それにもかかわらず、誰かがバナナに近づくとみんなで攻撃する。

その理由は何か?

ずっとそれが、そこでのやり方とされてるからである。

こうやって企業ポリシーというものが作られるのである。

Start with a cage containing five monkeys. より

ときにポリシーとして行っていることは、「しきたり」なのか「明確な理由がある」のかを、振り返ってみる必要があるということですね。

みなさんも自分の働く企業のポリシーの所以はご存知でしょうか。


エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? デラックス版
ジェネオン エンタテインメント (2007/05/25)
売り上げランキング: 3232
おすすめ度の平均: 4.5
5 エンロンとは何だったのか
4 資本主義ではルール作りが非常に重要
4 不正の本質は「お金儲け」だけではない。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 理由はしっかり伝えてるのか  [ ShaLnerkの考えていること ]   2008年01月30日 03:00
こちらの記事より。  猿とバナナの話はうまく例えられてるなと思ったが、何か違和感があったので一言。それは、猿は話せないが人間は話す??.
2. サルでわかる、ダメな企業ポリシー  [ されど空の青さを知る ]   2008年02月03日 19:17
興味深い記事があったので引用 ・日本企業をサルとバナナで説明すると・・・(らばQ...
3. 日本企業に限らないと思う  [ りおてく ]   2008年04月28日 17:59
日本企業をサルとバナナで説明すると…。集団心理ってそういうもんだと思うな。その規...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。