サイエンス / zeronpa / URL
2008年01月31日 08:03

肥満の治療で脳に電流を流したら、30年前の記憶が鮮明に蘇ってしまった

 
肥満の治療のはずが記憶が蘇る

肥満の人に食欲抑制の治療を行ったら、副作用によって、全く別のところが改善されたというニュースがありました。

それは何かというと記憶です。

まさに偶然の発見だったのですが、治療は肥満の人の食欲をコントロールするため行なわれました。

アルツハイマーなどの疾患を治療する場合に、記憶をつかさどる脳内を刺激することは記憶を呼び起こす鍵を握ると言われています。肥満患者の治療での思いもよらなかった副作用の結果としてそうなったようです。

この患者には、食欲をコントロールする視床下部と呼ばれる部分へ電極を埋め込み、電流を送りこみました。

ところが200kg近い体重がある、この患者の食欲を抑える予定だったのが、脳を刺激したことにより、彼の30年前の記憶を鮮やかに呼び起こしたそうです。

この驚くべき結果により、脳内のペースメーカーの可能性が取りざたされ、研究が続いているそうです。この研究をしているトロント・ウェスタン病院のアンドレ・ロザノ氏は「全く思いがけない結果となったのはこの一度のケースのみ」と伝えています。

報告によると、彼の研究チームは電極を埋め込んだあと、大脳辺縁系にシグナルを送り込む脳弓という繊維束の活動が非常に活発になったと伝えています。それは視床下部の横にあり、感情や記憶を刺激することになったわけです。

この50歳の患者が言うには、彼が20歳くらいのときに友人や恋人と公園にいたときの詳細を思い起こしたらしく、電流が激しくなるにつれて記憶はさらに明確になったようです。

手術後、患者は2ヵ月を経て回復し、2度目の電極を埋め込まれた時には電流をオンにして脳に刺激が送られると、今度はさらに学習能力などの改善も見られました。

1年経った時の記憶テストでは、電流を流しながらだと良い結果で、電流をオフにするとそれより劣るのだそうです。

「これがいかに重要なことかを我々は把握した上で、記憶に関する疾患などの治療に活かせないかと考えました」とロザノ博士は言っています。記憶についての回路構成はまだあまり知られていないので、これが何かの手がかりになればいいと伝えています。

この発見については、臨床神経学の代表誌である"Annals of Neurology"誌に発表されています。まだ研究は早期の段階ではありますが、現在6人のアルツハイマー患者に試験的実験を行っており、3人に500万〜600万円相当の装置を手術によって埋め込んでいます。

アルツハイマー研究所の最高責任者レベッカ・ウッド氏は、この新発見を歓迎しながらも慎重な姿勢を見せています。

Memory restoration breakthrough offers hope of Alzheimer's treatmentより

昔の写真を見ると完全に眠っていた記憶が蘇ったりしますが、全く思い出せなかった記憶が戻るというのは人体の神秘を感じますね。

アルツハイマーや記憶喪失などの治療に繋がれば喜ばしいことです。

しかし、この200kgの肥満患者は、過去30年間に何を食べてきたのかも鮮明に思い出したのでしょうか、非常に気になります…。

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
築山 節
日本放送出版協会 (2006/11)
売り上げランキング: 94
おすすめ度の平均: 4.5
5 そこのPC漬けのあなた(笑)、ご注意あれ
4 あるべき生活の基本を分かりやすくまとめた本
4 この本を読んでレビューに投稿を習慣にする決心をしました

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 脳細胞用ペースメーカー  [ 脳内新聞(ソース版) ]   2008年01月31日 21:20
肥満の治療で脳に電流を流したら、30年前の記憶が鮮明に蘇ってしまった(らばQ) 私に話しかける場合は正面のスイッチを入れてください。
2. 治療院の うわさ  [ ★ネット情報 背負い投げ ]   2008年02月06日 11:47
白血病治療で激励受けた愛知の少年 今度はボクが川上投手を応援中日新聞急性骨髄性白血病による2度の手術を経て療養生活を送る愛知県一宮市の渡辺隼大(はやた)君(12)が5日、中日ドラゴンズの春季キャンプが行われている沖
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。