2008年02月11日 15:28

テディベアを裏返してしまった奇怪な作品集

 
裏返したテディ・ベアTOP

前人未到の山に登りたい、立ち入り禁止だと入りたくなる、見えそうで見えないとむしろ燃える…

タブーへの挑戦は人類のロマンとはいえ、なぜかテディベアの裏側が気になって片っ端から裏返しにしてしまった人がいました。

ちなみにテディの由来は、アメリカの大統領だったりします。

1902年の秋、ルーズベルト大統領は趣味である熊狩りに出掛けたが、獲物をしとめることができなかった。

そこで同行していたハンターが年老いた雌熊(一説には傷を負った子熊)のアメリカグマを追いつめて最後の一発を大統領に頼んだが、ルーズベルト大統領は、「瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神に悖る」として撃たなかった。

このことが同行していた新聞記者によって新聞に掲載され、このエピソードに因んで翌年、バーモント州のおもちゃメーカーが、熊のぬいぐるみにルーズベルト大統領の通称である「テディ」と名付けて発売した。

Wikipedia:テディベア
裏返したテディ・ベア01

製作元に怒られるのか元のぬいぐるみの姿が無いのが残念ですが、これはまあクマさんの裏側だなというのがわかります。

裏返したテディ・ベア05

これは酷い…、普通のテディベアを裏返しして詰めなおしたそうです。

裏返したテディ・ベア03

多少ラリってはいるものの、かなりのドラえもん。

裏返したテディ・ベア03サンプル

元の姿があまりに想像できくなってきたので、きっとこんな感じではというサンプルを貼っておきます。

裏返したテディ・ベア04

ごめん、よくわからないけど許して。

裏返したテディ・ベア06

防毒マスク。

裏返したテディ・ベア07

このギャラリーの中では、まだクマに見えるほう。

裏返したテディ・ベア08

ポーダブルプレーヤーを聴いている雪だるま。

裏返したテディ・ベア09

ガチャピン…じゃなくてムックの方かな。

裏返したテディ・ベア10

これはなにげにかわいい。

裏返したテディ・ベア11

出来そこ無いの恐竜。ほんとに裏返すとクマさんなんでしょうか。

裏返したテディ・ベア12

恐るべきことにサイト元には、個展のようなギャラリー写真がありました、かなり本気のようです。

裏返したテディ・ベア13

さらに恐るべきは、普通に販売しています。3万円以上…。

他にもいろいろ作品があるので、興味ある方はどうぞ。買えます。

kent rogowski

裏返しものといえば、以前、呪われた靴下なんてものもありましたね。

裏返したテディ・ベア14

靴下の裏側が呪われていた件


リラックマ スタンドティッシュケース
明邦
売り上げランキング: 18125

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
1. テディベアを裏返してしまった奇怪な作品集  [ 小ネタBlog〜純情派 ]   2008年02月12日 15:24
身近なホラーとでも言うべきでしょうか。 とりあえず、怖すぎるッス。ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル
2. 履いている靴下やぬいぐるみは、裏を返すと呪われているかもしれません。  [ hinden (まほまほファミリー) (暫) ]   2009年07月01日 22:42
「お父さん。『怖い』といったらコレでしょ。」 まほサン が タレコミ してくれたんで、追加で up します。前記事の「怖い話」と合わせて、お楽しみください。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。