2008年03月21日 11:33

死んだ愛犬の毛を思い出としてセーターにしてしまった夫婦

 
死んだ愛犬の毛を思い出としてセーターにしてしまった夫婦TOP

イギリスのニューキャッスルに住む老夫婦は、死んでしまったペットを思い出にするためユニークな方法をとりました。

長年一緒に生活してきたペットには、思い入れが強くなるものとはいえ…。

なんと二人は犬の毛を利用してセーターを作ったのです。

ベスさんとブライアンさんはとてもかわいがっていたカラと名づけた白いサモエドを12年前に、2002年にはペニーと名づけていたスウェディッシュラップフンドを亡くしました。

ダイアナ妃が犬の毛で出来た肩掛けを着用しているのを見て、カーペットやブラシなどについた犬の毛を集め始めたのです。

死んだ愛犬の毛を思い出としてセーターにしてしまった夫婦01

犬の「思い出」はとても暖かいそうで、ほぼ防水なんだそうです。

ベスさんは1990年に初めて、カラの毛を使って夫のセーターを編みました。カラは血統書のある犬だったそうです。毛並みは驚くほどソフトで、毛糸のモヘアより軽く、洗えば洗うほどふんわりしていくのだとか。

子犬を引き取ったときにブリーダーから、犬の毛を使ってコートなどを作れることを聞いて始めたそうですが、まだ新しいセーターを作れるほど毛があるとのこと。

Pair dress in 'dead dog' jumpers より

思い出として微笑ましいのか、剥製を着てる気分になるのか、それを知る人の反応はさまざまみたいですが、かなりユニークなことは確かですね。


もう一本!毛髪川柳 (日本文芸社の育毛絵本)
日本自毛植毛センター 五月女 ケイ子
日本文芸社 (2006/05)
売り上げランキング: 110731
おすすめ度の平均: 5.0
5 前作に引き続き、すばらしい!
5 日本と私の未来は明るい
5 人生を語るには欲しい1冊w

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。