2008年03月22日 18:50

実際に釘を手に打ち付けるフィリピンの十字架はりつけ祭り

 
十字架貼り付けTOP

キリスト教徒にとっては、クリスマスと同じくらい大きな行事がイースター(復活祭)です。

十字架に(はりつけ)にされたあと、イエス・キリストが復活をしたことを大いに祝う日ですが、それはイースター・サンデーと呼ばれ、今週の日曜日にあたります。

こじつけると、日本人でいうお盆みたいなものです。(こじつけすぎ)

さて、このイースターのシーズンになるとフィリピンではそれにちなんだ祭りというものが盛んなので、ご紹介します。

国民の93%を占めるほどキリスト教の信者が非常に多いフィリピンですが、このイースターシーズンになると、十字架に貼り付けを行うというのが非常に人気となっています。

十字架貼り付け01

しかしながら実際に手足に釘を打ちつけたり(え?)するために、 衛生上の問題となっているようです。

十字架貼り付け02

鞭打ちに使う鞭(え?)なども、皮膚を傷つけるため、しっかり衛生的に管理されたものを利用するよう、政府では呼びかけています。とくにマニラでは気温が高く、埃っぽい気候の中では、破傷風や感染症の原因になることも多いのだそうです。

Crucifixion Guidelines Issuedより

貼り付けに使う釘もきちんと消毒することを奨励しているため、アルコールにつけておいたりしているそうですが、消毒の問題だけではなく、痛いというか…。

苦行をすると脳内物質エンドルフィンが出て幸福感が増すといいますが、狂信的といわないまでも異様に感じてしまうのは偏見なんだろうなぁ、実際国民の多くに親しまれてる行事だそうです。

世界には痛そうな文化が多いようです。

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
新谷 弘実
サンマーク出版 (2005/07/08)
売り上げランキング: 241
おすすめ度の平均: 4.0
1 水の話で台無し
5 食生活を見直す!それが病気にならないコツだ!
5 健康とは科学ではなく思想である

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。