2008年03月24日 23:43

滝から落ちて全身骨折の男、5時間大声で歌って助かる

 
滝から落ちて全身骨折の男、5時間大声で歌って助かる

旅行中に事故はしたくないものですが、思わぬ事故に遭ってしまった場合、怪我の度合いにもよりますが、あきらめず気丈に救助を待つことが大事だったりします。

オーストラリアに旅行中の、英国人のジェフ・スミスさんはクイーンズランドに位置するアリゲータークリークで滝から落ちてしまい、狭い岩礁で体中に骨折と打撲を受け、痛みと闘いながら5時間ものあいだ、救助を待つことになりました。

彼が生きながらえるためにとった行動とは…、大声で歌を歌うことでした。

後に病院で42歳のスミスさんが語ったことによると、5時間もの苦難を歌を歌い続けることで、死ぬことから気を紛らわしたといいます。

「ボロボロになった僕の体に虫が這い上がってきたり、死を意識することから気を紛らわせたんだ」

この事故で、彼は肩、足、足首の骨折をしており、同行していたテッサさんは何キロもの距離を救助を求めに走ったそうです。

「もう自分でも笑い出すくらい大きな声で歌っていたよ。多分一人だったら死んでいたと思う」

と付け加えています。

Singing for 5 hours saves man after waterfall plunge!より

事故現場で普通に5時間待っているだけで苦痛ですが、大怪我して激痛を伴う5時間というのが想像がつきません。

余談ですが、彼が歌っていた歌というのが、アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)の"Rescue Me"(救助して)です。

災害から救助してというより、シンデレラストーリーのように女性の恋の歌で、私をここから救い出してという歌ですが、災害にも効果があったと言えるでしょう。

命が掛かってる場面で、ユーモアを感じる行動を取れる人って尊敬してしまいます。

Aretha Franklin - Rescue me



声美人・歌上手になる奇跡のボイストレーニングBOOK―効果てきめん 世界が認めた『YUBAメソッド』
弓場 徹
主婦の友社 (2004/04/01)
売り上げランキング: 427
おすすめ度の平均: 4.5
5 究極の一冊
5 良かったです!
1 ・・

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。