2008年03月26日 22:38

まるで「地獄への入り口」─ 燃え続けて数十年、中央アジアの巨大な穴

 
地獄へのゲートTOP

煉獄の炎に包まれたかのような直径60mの巨大なこの穴は、数十年間昼夜を問わず今も燃え続けているそうです。

火山口にも見えますが、燃えているのは天然ガスの穴で平原にぽっかり開いています。

場所は中央アジアの国トルクメニスタン。イランやアフガニスタンの北側にある、旧ソ連から独立した国です。

他の画像や動画もありますのでご覧ください。

地獄へのゲート01

何もないトルクメニスタンの平原にぽっかり燃える穴が。異世界にでも通じてそうです。

地獄へのゲート02

直径60m深さ20mもの巨大な穴。

地獄へのゲート03

穴の断面が綺麗なのは、天然資源の掘削によって開けられたためのようです。

地獄へのゲート04

こうしてみると、漏れ出た天然ガスに火がついてるのがわかりますね。当然ながら近づくとかなり熱くて、数分しかそばに寄れないそうです。

地獄へのゲート05

紹介サイトによって、燃えたのは1950年、60年、71年など諸説いろいろあって情報が錯綜していたので、元ネタを突き詰めてみたところ、ここに旅行した人のブログでは観光ガイドさんもよくわからないと答えていたそうです。各サイトのアバウトな憶測が尾ヒレ状態なのかもしれません。現時点では正確なソースみつかりませんでした。

地獄へのゲート06

湾岸戦争のときも、燃えた油田の消火にくろうしてましたが、何もない平野の直径60mもある穴では消火も大変なんでしょうね。それにしても数十年の間、ただ燃え続けるなんてもったいない。

地獄へのゲート07

非常にまぶしく、かなり遠くからも認識できるそうです。トルクメニスタンではなく、もっとアクセスのいい地域なら、観光スポットとして賑わうこと間違いなしの美しさ。

地獄へのゲート08

動物や虫を魅了する力も凄くて、蛾やクモなどは、引き寄せられるように飛び込んで燃えてしまうんだとか。飛んで火にいる〜状態ですね。

Darvaza, the Apocalypse Gas Crater
Fire! Fire!: Darvaza
より

以下に映像があります。

場所はこちら。

Click to enlarge

地獄少女 閻魔あい (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
アルター (2008/05/25)
売り上げランキング: 740
おすすめ度の平均: 5.0
5 いっぺん抜いてみる?
5 閻魔あい決定版です
4 アルター版閻魔あい

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 35年間燃え続け  [ Nalarの徒然事 ]   2008年05月16日 22:43
中央アジア,トルクメニスタンにある Darvaza という街に,「地獄の扉」と呼ばれている恐ろしいクレーターがあり,そこでは天然ガスがなんと35年間もの間,ずっと燃え続けているそうです。 35年間ずっと燃え続けている地獄へ通じるクレーター「The Door to Hell」 Gi...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。