2008年05月19日 04:00

警察犬、銃を持った犯人ではなく被害者のほうを噛んでしまう

 
警察犬

泣きっ面にハチという言葉があります。

不運なときにさらなる不運が重なることですが、そんなかわいそうな被害者を物語る記事がありましたのでご紹介します。

イギリスで銃事件が発生。

警察犬を同伴した警察官がたまたま通りかかったのですが、犯人が別の男に向けて小さな散弾銃を撃ちました。

それを目撃した警官は、銃を持った犯人を追いかけさせるために犬を解き放ちました。

撃たれた被害者のほうですが、標的にされたものの銃弾は外れ、慌てて現場から逃げ始めました。

しかし逃げた方向が加害者と同じ方向であったために、なんと犬は彼を犯人と間違えて、噛み付いたのです。

軽傷を負った被害者は病院へ直行することとなりました。踏んだり蹴ったりというか、なんとも気の毒な話です。

一応、逃げた犯人は逮捕されたそうです。

教訓:犯人と同じ方向に逃げてはいけない

Police dog bit shooting victim instead of gunmanより

読むだけで運がよくなる77の方法―今からハッピー!になるには? (王様文庫 B 76-1)
リチャード・カールソン
三笠書房
売り上げランキング: 3324
おすすめ度の平均: 4.5
5 いい本です
5 おいしいのは、誰の成果?
4 運は自分に気持ちよく生きることで得られる!
5 いいです!
3 読むだけで運がよくなるなんて・・・素晴らしい!

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。