2008年05月24日 21:56

海岸に流れ着いた右足、なんと4本目だった

 
4本目の右足

カナダのバンクーバーの近くの海岸で、靴下とスニーカーを履いた右足が流されてきたのを発見されました。

木曜日にカークランド島のフレイザー川で発見されたのですが、なんとこの右足はこの1年で4本目の発見なのです。

その前に発見された3本についてはバンクーバーとバンクーバーアイランドの間にあるガルフ諸島(Gulf Islands)に流されていたそうです。

最初は去年の8月に2本のサイズ12(約28.5cm)の右足がGabriola諸島で発見されました。3本目はバンクーバーの西約80キロ沖合のValdez島の海岸で見つかっています。

DNAテストや専門家による鑑識が行われるそうで、同時に巻き込まれた行方不明者などがいないか調査中だそうです。

RCMP(カナダの国家警察)のニッキ・バスラ氏によると、今までになかった奇妙な事件であると伝えています。警察はこの足がどこからきたのかを調べていますが、事故や自殺、あるいは事件の可能性もあるとしています。

2005年にその当たりの上空で飛行機事故があり、死亡したとされる4名の遺体が見つかっておらず、今回の右足がその4名のものではないかと家族から届けられてはいました。

しかしDNAテストでは最初の3本の足がどの行方不明者のDNAともマッチしていないそうです。

自然に腐食する過程で切り離されたということも考えられるらしく、結論はまだ出ていない模様です。

憶測だけでニュースが飛び交っていますが、自然に腐食にしても全部右足というのは不気味ですよね。

Fourth right foot washes up near Vancouver, RCMP confirmより

MERRELL(メレル) JUNGLE MOC M567243
MERRELL(メレル)
売り上げランキング: 7

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。