2008年06月14日 10:58

6万5千個の道路標識がある街

 
6万5千個の道路標識がある街01

旅行したり訪れることはないかもしれないけれど、こんなに変わったところがある、というのを知るだけでも楽しいものです。

アラスカ州とブリティッシュコロンビア州(カナダ)の間に、大自然を横断するアラスカ・ハイウェイという道路があります。

それに乗って南東に進むとワトソンレイクという町にたどり着きますが、この町にはなんと65000個にも及ぶ道路標識があるそうです。

もともとアラスカ・ハイウェイは軍用道路として軍事物資等を搬送するために1941年に着工された道路ですが、当時の軍のエンジニアの一人カール・リンドリーが1942年に「イリノイ州ダンヴィルまで2835マイル」と自分のホームタウンまでの距離を掲げたのが最初の標識となり、それが道路標識の森(Signpost Forest)と呼ばれるゆえんとなりました。

それを真似て他の労働者たちも自分のホームタウンまでの標識を立て始めたのです。

6万5千個の道路標識がある街02

それ以来、人々は次々と自分のホームタウンの標識をここに立て、1990年7月20日に、オハイオ州のウォーカーさんが1万個目の標識を立てました。第一人者のカールさんと彼の妻は50年後の1992年にこの地をもう一度訪れています。

ここを訪ねるときには自分のホームタウンの標識を忘れずに、なんて書いてありますが、さすがに日本から持っていく人はいないかもしれませんね。

Watson Lake - Sign Post Forestより

HITACHI アッとドライ ふとん乾燥機  HFK-A1
日立 (2005-06-01)
売り上げランキング: 21

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。