2008年06月14日 14:09

テレビを見て大笑いしていたら警察にスプレーかけられ連行

 
テレビ番組で大笑いしていたら通報TOP

一寸先は闇と言いますが、不運がどこに転がっているかわかりません。

テレビ番組を見て笑い転げていた男性が、その物音を不審に思った近所の人に通報され、あまつさえ警察にスプレーをかけられ連行されてしまったのです。

イギリスでテレビを見ていたクリス・コッカーさん36歳。

ニュースコメント番組なのですが、パネリストのポール・メルトンのコメントがおかしくて、笑い転げていました。

テレビ番組で大笑いしていたら通報01

あまりに笑い転げた結果、ソファから落ちてしまったのです。

その大きな声やドサッと言う音を聞いた階下の住民は、心配して警察に電話しました。

ところが、すぐに駆けつけてきた警察は、なんとクリスさんを連行してしまったのです。しかもスプレーまで噴射して。

クリスさんによると「あまりにおかしくて笑ってたらソファから床に落ちたんだ。起き上がってテレビを見続けようとしたとき、ドアをノックする音が聞こえたんだ。僕が怒った理由はドアを閉めようとしたら、警察が足をはさんでドアを閉じさせようとしなかったんだ。」

そしてスプレーされ警察のバンに乗せられると、服を脱がされ身体検査を受け、留置場で一泊するはめになってしまったそうなのです。

警察のほうでは、クリスさんが攻撃的になったことから、警官の安全を確保するためスプレーしたことは正しい判断であったと主張しています。

テレビを見て大笑いしているだけで連行されてしまうとは、なんとも不運な話です。

でもクリスさんはこれに懲りずに、これからも笑い続けると言っています。

以下のBBCのサイトで、ニュース映像もご覧になれます。

BBC NEWS - Man in court over comedy TV show より

人を笑わす方法―『笑いの方程式と実践4コマ漫才』
えるぼう 三沢
ながらみ書房
売り上げランキング: 9845

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。