2008年06月26日 11:53

永遠の愛を感じる「最後のベッド」

 
愛を感じる最後のベッドTOP

フランスのパリに、最後のベッドというものがあるそうです。

最後の意味するものとは何でしょうか、次の画像をご覧ください。

愛を感じる最後のベッド01
(photo: Claudecf[Flickr])

フランスの発明家 Charles Pigeon氏と妻のお墓だそうです。なんともロマンチックでパリの華やかさに似合っていますね。

愛を感じる最後のベッド02
(photo: Claudecf[Flickr])

夫を見つめる妻の視線に愛を感じます。

愛を感じる最後のベッド03
(photo: Leo Reynolds[Flickr])

1838年生まれ、1915年死去。爆発しないガス灯の発明をした人物だそうです。

手元にメモ書きがありますが、夜中にアイデアを思いついてとっさにメモを取った…みたいな情景が浮かびます。

愛を感じる最後のベッド04
(photo: Leo Reynolds[Flickr])

夫が死んだあとに妻が注文したもの」では情熱的で悲しみに満ちたお墓を紹介しましたが、こういった幸せに満ちたお墓も家族の愛を感じますね。

こんな素敵なお墓を建てたいと思った人は、ぜひ目指してください。

ただし、熟年離婚せずに死ぬまで夫婦円満を続ける必要があります…。

3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術
マーク富岡
サンマーク出版
売り上げランキング: 3
おすすめ度の平均: 5.0
5 日常でも使える
4 濃い人相手のビジネスマンに役立つ。
5 ビジネスに役立つ
5 もっと早く読みたかった
5 コミュニケーション&人間関係構築に役立つ!(「夢をかなえる象」交渉版?)

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。