2008年07月03日 11:37

「数万円で買った自転車の価値が1千万円だった」→「あっさり寄付」

 
数万円で買った自転車の価値が1千万円だった01

トム・モールトさんは350ドル(約3万7千円)で自転車を買いました。 それは1963年製のもので、初期のシュウィン・スティングレイ(Schwinn Sting-Ray)でした。

世界にこのシュウィン自転車のコレクターは大勢いて、インターネット上で最高10万ドル(約1千万円)で売ってほしいという人まで現れた、マニアにとってはのどから手が出るほどのプレミア品だったのです。

ところがトムさんは売ることではなく別のことを考えました。

数万円で買った自転車の価値が1千万円だった02

dailypressによると、もともとこの自転車は中古自転車も扱っているサイクリングショップに立てかけてあったもので、彼自身もコレクターだったそうです。

買ってから製造ナンバーをシュウィン自転車の掲示板に書き込んで調べてもらうと、1963年の5月17日に生産された一番最初のロットだったため、ロンドンから日本まで世界中のコレクターたちの間で話題になりました。

その日の6時までには1900回も閲覧され、2000ドルから10万ドルまで金額の申し出があったそうです。

しかし、彼は売らずに1960〜1970年代のものを多く展示しているスミスソニアン博物館に寄付することにしたのです。

数万円で買った自転車の価値が1千万円だった03

その10万ドルを申し入れた人物は日本人だったらしく、気前の良い申し出には感謝しながらも、これはアメリカ史であって日本史ではないので、アメリカに保存しておきたかった、と言っています。

個人が楽しむためより、大勢が楽しめることを希望したそうです。

スティングレイのサイトによると、1963年に49.95ドルで売りに出されたもので、大人たちは不恰好で変な自転車とみていましたが、子供たちには人気がありました。1968年までにアメリカで売れた自転車の70%はスティングレイ製か、その模造品だったそうです。

もともとこの自転車は同じ地域の人が、1963年に孫のために購入したものだそうで、その孫はほとんど乗らなかったため、オリジナルのパーツが全てそろっていました。

いまのところスティングレイも店のオーナーもコメントはしていないそうです。

大金よりもアメリカ文化史を尊重するというのが「粋」ですね。自転車を本当に愛するコレクターだというのが伝わってきます。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。