2008年07月21日 13:05

盗んだ貴重なコインを預けに行ったら銀行員が持ち主だった

 
コイン

とある男が、珍しいコインを安全に保管してもらおうと、銀行へやってきました。

ところが応対をした銀行員は、そのコインを見て自分の目を疑ったのです。

Metoro.co.ukによると、その銀行員の家では4万ポンド(約815万円)の価値がある貴重なコインが盗まれていたのですが、それと同じものだったということです。

銀行員はすぐに警察に連絡し、36歳の犯人はあえなく逮捕されました。

他にも盗品でいっぱいだったそうですが、まさか預けようとした相手が泥棒に入った家の人だとは夢にも思わなかったでしょうね。

映画やドラマでこういったエピソードがあると、「そんなの現実にはあるわけない」とご都合主義な話の展開を突っ込まれたりするものですが、事実は小説より…ということのようです。

こんな形で盗まれたものと再会できた銀行員は幸運といえるのか、そもそも泥棒に入られた時点で不運なのか、どちらなのでしょうね。


Figma ドアラ ホームVer.
Figma ドアラ ホームVer.
posted with amazlet at 08.07.21
Max Factory (2008-09-25)
売り上げランキング: 1

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。