2008年08月10日 14:58

「私のビールを飲んだのね…」77歳の恋人をメッタ刺しに

 
「私のビールを飲んだのね…」77歳の恋人をメッタ刺しに

食べ物の恨みは恐ろしいとよく言いますが、恨みを持つのは食べ物だけとは限らないようです。

アメリカのシカゴで女性が年上の恋人を刺し殺した事件がありました。

その理由と言うのが、

「彼が彼女のビールを飲んだ」というものでした。

報告によると、レジーナ・ウィリアムス55歳とウィリー・アンダーソン77歳は夕方6時ごろ車の中に座っていましたが、アンダーソンがウィリアムスのビールを飲んだことで怒って喧嘩になったそうです。

ウィリアムスは普段から自己防衛のためにナイフを持ち歩いているのですが、それを取り出しアンダーソンを刺し始めました。

アンダーソンは助けを求めましたが、ウィリアムスは刺し続け、その後車を降りてアンダーソンの甥に電話し、「叔父を殺したのですぐ来て」と伝えたそうです。

驚くことに彼女は車に戻ってから、彼に飲まれてしまった自分のビールを飲み干したということです。

確かにビールはおいしいですが、いくらなんでも殺人までというのはその執着心に驚かされます。

このビールの銘柄がぜひ知りたいものですが、ビール会社にとってイメージアップになるかは微妙な話です。

はっきり言えるのは、この女性のビールを誰かが飲むのはこれが最後となったことでしょう。

もっとも彼女にとっても最後のビールになりましたが…。

Woman kills boyfriend for drinking her beer, officials say -- chicagotribune.comより

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。