2008年08月11日 12:44

「俺を魚のエサにしてくれ」最後の願いかなう

 
「俺を魚のエサにしてくれ」最後の願いかなう

いろんな願いを託して亡くなっていく人がいますが、あらかじめ亡くなってからのことを準備して死んでいく人もいます。

イギリス・サマセット州の男性は釣りが大好きで、自分が死んだら、魚のエサにしてくれと頼んでいたそうです。

Telegraphによると、運動ニューロン病を患っていた61歳のピーター・ホッジさんは、40年間釣りを続けた場所で魚たちと泳ぎまわりたいと希望していたそうです。

彼の死後、遺灰を特別な魚のエサと混ぜて川に投げ入れてほしいと願いを託しました。

残された妻キャロラインさんと娘のサリーさんは、先頭を切ってそのエサと遺灰がミックスされた塊をつかみ、川に投げ入れていくと彼の釣り仲間たちもそれに続きました。

魚たちにそのエサが食べられることで、ピーターさんは魚たちと泳ぎまわれると考えたのです。

変わった願いではあっても、釣り仲間が魚を捕まえるたびに自慢に思ってほしいと希望を込めたそうです。

死んだあとも本人の願いどおりにしたい、とかなえてあげる家族もほほえましいですね。

海や空への散骨は珍しくありませんが、魚に食べてもらうというのもある意味エコなお葬式といえるかもしれません。

O型自分の説明書
O型自分の説明書
posted with amazlet at 08.08.11
Jamais Jamais
文芸社
売り上げランキング: 3
おすすめ度の平均: 4.5
5 大爆笑
3 読みながらクスクス
4 O型自分の説明書を作ってみよう
4 軽い文章が心地よい
5 軽い気持ちで読んで!

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。