歴史 / zeronpa / URL
2008年08月14日 23:43

ロシアの史上最大の戦車「レベデンコ」は車輪9メートル

 
歴史上最大の戦車「レベデンコ」TOP

1915年、帝政ロシアの末期に、最後のツァーリ(皇帝)であるニコライ2世の支持によって開発された戦車がこのレベデンコです。

車輪は直径9メートル、重量は40トンという歴史上最大の戦車だそうです。

歴史上最大の戦車「レベデンコ」02

当時は塹壕(ざんごう)を掘って銃撃から身を守る戦いが主体だったので、高い位置から狙い撃ちする目的でこの巨大な戦車が開発されたようです。


歴史上最大の戦車「レベデンコ」01

当時のロシアにはまだキャタピラ技術はありませんでした。


歴史上最大の戦車「レベデンコ」03

こんな巨大兵器が出現したらパニックになりそうですが、実際には後輪が溝にはまって動けなくなるような代物だったようです。


歴史上最大の戦車「レベデンコ」04

コストの高さと、砲撃に脆いという弱点があり、結局は試作機だけ作られてお蔵入りしてしまったそうです。

なにか大艦巨砲主義に近いものを感じます。

ALL: Meet Tank Lebedenko:the biggest battle tank ever builtより

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. レベデンコ  [ Trackback mania ]   2008年08月15日 16:00
ロシアの史上最大の戦車「レベデンコ」は車輪9メートル まーた変な兵器が。 そりゃ塹壕戦で今とは戦いが本質的に違うわけで、当然兵器に求められることも違うわけで。 要するにキャ...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。