2008年08月31日 21:20

猫にラジオを聞かせていた夫婦、著作権侵害として罰則金を要求される

 
猫にラジオを聞かせていた夫婦、著作権侵害として罰則金を要求される

音楽の著作権のライン引きは、混乱するほど厳しくなってきました。

イギリスで犬・猫を預かるメル・バウステッド夫妻は、昼間のあいだ猫たちにラジオの音楽を流していたそうです。

すると、パフォーミングの権利団体(PRS)から、公共へのパフォーマンスに値するとして、過去2年間の権利分300ポンド(約6万円)の罰則金の催促状が送られてきたのです。

Telegraphによると、普段は自由に外出してることが多い猫たちですが、預かられている間は(夫妻が犬の散歩に行くときなど)閉じ込めておく必要があるため、ラジオを流して聴かせていたそうです。

妻のマギーさんは「ビジネスをして11年になるけど、長く安心して快適にいてもらえるよう、(ネコに)音楽を流していただけ」と言い、「動物が音楽を聴くのにライセンス料を支払わなければいけないのは馬鹿げている」と主張しています。

権利団体側は営業時間外なら流してもよいとしていますが、ネコが寝ている時間には必要はないのが現状だそうです。

夫妻に300ポンドを払う意思はなく、ラジオのほうを止めると言っていますが、いくらなんでも馬鹿げていると話題になり、イギリス国内から怒りのコメントがたくさん届いています。

・動物が音楽を聴くことに法律なんてあったか?

・ちょっと待った、カレンダーをチェックさせてくれ。4月1日じゃないぞ。

・PRSはそこにいなければ、どんな音楽をいつ流していたか証明できない。ラジオ流し続けても彼らに何もできないさ。

・PRSは電話帳をかたっぱしから順番に電話しているんじゃないかな。カモを探すために。

・PRSのスタッフはノルマがあるんだよ。だから必死になってる。どの建物でもいいから支払ってくれる人を躍起になって探してる。

・そのうち外で歌っただけで税金取られるようになるな。

・意味のない人間が意味のない会社で働いているものだな。そこで働いている数人を知っているけれど営業のコールセンターとタイプがいっしょだよ。小さなチームごとにグループリーダーがいて、チームターゲットがあるんだ。そのターゲットはきっと興味深いにちがいない。

Telegraph紙がPRSに確認をしたところ、「正しい評価がなされているかどうか調査する」と伝えているそうで、「もし誤った判断であるなら謝罪をする」ということだそうです。

しかしながら、「猫だけが音楽を聴ける状態なら問題ないが、もしスタッフや訪問者が聴ける状態ならライセンスは必要」ということも付け加えています。

うっかりラジオをつけっぱなしにすることも難しい時代になってきたのでしょうか。

盗作の文学史
盗作の文学史
posted with amazlet at 08.08.31
栗原裕一郎
新曜社
売り上げランキング: 1444

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 猫にラジオ聞かせたことで著作権侵害  [ 日々勉強 ]   2008年09月02日 20:58
イギリスでの話、犬や猫を預かるしごとをしている夫婦が昼間預かっている猫たちにラジオを聞かせていたそうで、それが公共の場でのパフォーヮ..
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。