2008年09月02日 11:01

クマを救うため…ロンドンの兵隊のあの帽子のデザインが変わる

 
イギリス近衛兵

ロンドンの兵隊さんと言えば、あのバッキンガム宮殿の近衛兵です。赤い上着と毛皮の帽子が特徴で、衛兵交代が毎日行われています。

ロンドンを観光する人たちにもこの衛兵たちは名物となっており、写真を撮っていく人が後を絶ちません。そんな彼らの毛皮の帽子が、このたび変わることになるそうです。

顔色一つ変えず衛兵交代する様は、おもちゃの兵隊のように見え、200年ほど続いている伝統でもあります。

イギリス近衛兵の帽子01

The Independentによると、そんな彼らの帽子がようやく近代的なものに変更になる理由は、帽子がクマの毛皮で作られているため、クマへの愛護を考えてのことだそうです。

イギリスの国防省ではこの熊の毛皮の帽子に過去5年で32万1千ポンド(約6200万円)をかけており、年に新しい帽子が50から100個必要になっていたそうです。

イギリス近衛兵の帽子02

帽子1つ作るのにクマが一匹犠牲になるそうで、PETAなどの動物愛護団体などが抗議活動などをしていました。

新しいデザインはビビアン・ウエストウッドか、ステラ・マッカートニーの可能性が高いようです。

最初に兵隊が帽子をかぶったのが1815年で、ナポレオンを敗北させたワーテルローの戦いのすぐあと。そのころフランスの騎兵隊はクマの帽子をかぶっており、背が高く強そうに見えたということで、イギリスが儀式的な公務のときだけ、それにならったそうです。

クマは、以前は北アメリカに200万匹生息していましたが、現在は60万匹に減っているそうです。

動物愛護にこだわりのあるイギリスらしいニュースですが、長年毛皮の反対をしていたわりは今頃?という驚きもあります。


(9/2)追記:ポンドの為替計算が誤っていたので訂正しました。ご指摘ありがとうございます。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。