2008年09月08日 04:27

銀入りの薬を服用した女性、副作用で顔が銀色に

 
シルバーを含む薬を使ったら顔が銀色になった女性

どんな薬でも副作用というものがあり、よく知らずにいると危険なことが多いものです。

副作用の現れ方にも個人差があり、全員に同じ症状が出るとは限りませんが、超微粒の銀(コロイダル・シルバー)を含む点鼻薬を使用した女性の顔が、銀色になってしまい警告を発しています。

Telegraphによると、アメリカに住むローズマリー・ジェイコブスさん(66歳)の顔は、銀皮症(argyria)と呼ばれる珍しい病気のために、常に灰色をしているそうです。

これは彼女が11歳のとき、超微粒の銀であるコロイダル・シルバーが含まれた点鼻薬を使い始めたことによります。

4年後に皮膚の検査をして判明しましたが、多数の小さな銀の粒子が皮膚の深層に埋め込まれていたのです。

そしてそれを元には戻すことができないと告げられました。

何年もの間、皮膚のことでからかわれたり、また皮膚の治療を受け続けました。

しかし今回、彼女は銀を含む薬やサプリメントの危険さを理解してもらうため、メディアに出ることにしたようです。

何も知らない人には伝染病ではないかと避けられたり、心無いことも言われてきたそうです。

コロイダル・シルバーは現在もいろいろな薬やサプリメントに使われており、禁止するか警告を発するべきと訴えています。

彼女が医者から処方された薬は、アレルギー性鼻炎を軽減するため、1日置きに4年間使ったそうです。

肌の色が変化していくのは非常に遅く、本人はもちろん、毎日見ている家族や友人も気づきにくいため発見が遅れたそうです。ほとんどの銀皮症(argyria)は気づいたときには手遅れというケースが多いようです。

ジェイコブスさんは言います。

「私は高校のときも大学のときもデートをしたことがなかったわ。普通になりたかった」

1970年に皮膚の表面をはがす手術(皮膚剥離)を受けましたが、いくつかピンクのまだらが残り、とくによくなったわけではないとしています。

カリフォルニア州でも、「ブルー・マン」(青い男)と呼ばれる男性のケースがあり、問題になっていました。

誰にでも症状が現れるわけではないだけに情報が伝わりにくいですが、深刻な副作用は前もって知る必要があると感じさせるニュースですね。

副作用―その薬が危ない (祥伝社新書)
大和田 潔
祥伝社
売り上げランキング: 247573
おすすめ度の平均: 5.0
5 最先端の事が書かれています
5 副作用のからくりがわかりました
5 体の仕組みについての説明も詳しい本

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 麻薬関連まとめニュース  [ weed的な関係 ( ;゚Д゚)y─┛~~ ]   2008年09月09日 05:06
市販ヘンプ食品を食べてもドラッグテスト陽性にはならない 親が子供にドラッグテストしてはならない7つの理由 ハワイ州ハワイ郡、大麻非優先化発議を11月に住民投票 野生大麻を採取で少年5人逮捕 北見 親が発見、通報 ものつくり大生を大麻
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。