2008年09月26日 22:40

歯医者が治療費を払わない患者の家に侵入し、治療したものを抜く

 
歯医者

お金がもめる原因となるのは世界中どこでも同じようです。

特に支払われなかった方は、しっかりと覚えているものです。

ドイツで治療費の支払いをしてもらえなかった歯医者さんが、患者の家に行き治療したブリッヂの部分を抜いてしまったという記事がありました。

Telegraphによると、この歯科医は月曜日の晩に35歳の女性の自宅に訪ねてドアをノックした後、何も言わずに無理やり家の中に侵入し、居間で彼女の手を縛ったそうです。

そして彼女の口を無理やりこじ開け、320ポンド(62000円相当)の治療費分のブリッジをごっそりと抜いたのです。

彼女の治療費は彼女の保険会社が拒否したそうで、被害者の女性によると、歯科医は犯行の間、一言も発しなかったそうです。

警察は暴行罪と強盗の両面で捜査を進めているようですが、まだ逮捕にはいたっていないようです。

女性は痛みをこらえて警察に行ったそうですが、侵入してきた男が黙って口をこじ開けブリッジを抜くだけ、というのはホラー映画並に怖いですね。

支払いはきっちり済ませましょうと言う教訓なのでしょうが、まさかこんな取り返し方法があるとは恐るべしです。

デンタルマウスピース
コジット (2003-08-04)
売り上げランキング: 205

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 医療費未払いだとこうなる?!  [ つれづれなるままに ]   2008年09月28日 00:27
最近は医者にかかっても治療費を払わない人がいますが、ドイツではとんでもないトラブルに発展してしまいました。
2. 医療費未払いだとこうなる?!  [ つれづれなるままに ]   2008年09月28日 00:38
最近は医者にかかっても治療費を払わない人がいますが、ドイツではとんでもないトラブルに発展してしまいました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。