2008年10月03日 17:07
 
本当は美しいレバノンTOP

レバノンと言われても、詳しい知識を持っている人は少ないかと思います。

イスラエルとの激しい紛争やテロなど、近年ではきわめて危険で治安の悪い国となっており、外務省も退避勧告を出しています。

トルシエジャパンがアジアカップを制した時の会場がレバノンでしたが、もはや近寄ることもかなわない国となってしまいました。

中東の国ということから砂漠やテロリストのイメージになりがちですが、実は地中海に面したとても美しい国です。

「中東のスイス」とも呼ばれたレバノンの絶景をご覧ください。

レバノン地図

地中海に面し、南にイスラエル、東にシリアがあります。イスラム教徒が7割、キリスト教徒が3割。古くは地中海貿易、第二次大戦後は石油取引や金融、航空路のハブになるなど観光業も発展しましたが、内戦や紛争により今は見る影もありません。


本当は美しいレバノン01

霧に煙る峡谷の街。


本当は美しいレバノン02

歴史を感じる町並み。


本当は美しいレバノン03
本当は美しいレバノン04
本当は美しいレバノン05
本当は美しいレバノン06
本当は美しいレバノン07

見たことの無いような景色ばかり。


本当は美しいレバノン08

他の写真には寒そうな景色が多いですが、この木はどういった気候で育つのでしょうね。


本当は美しいレバノン09


本当は美しいレバノン10


本当は美しいレバノン11

春に咲く花々。


本当は美しいレバノン12

地中海交易の歴史的遺物。


本当は美しいレバノン13

料理もおいしそうです。


本当は美しいレバノン15

神秘的という以外に表現が見つかりません。


本当は美しいレバノン14

憧れの地中海。


本当は美しいレバノン16

今は戦禍にまみれ近づくことも出来ません。なぜ戦争しているのだろうと思ってしまう美しさですが、素晴らしい土地だからこそ奪い合うのでしょうか。

他の画像は以下よりどうぞ。
Dark Roasted Blend: Lebanon: Switzerland of the Middle Eastより

ディスカバリーチャンネル 戦火の記録:レバノン紛争
角川書店 (2006-05-26)
売り上げランキング: 77466

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
zeronpa | カテゴリ:アート・デザイン  歴史  タグ:
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事
トレンド


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。