2008年11月11日 10:34

スパムメールに返事をする確率は1250万通に1通

 
スパム

毎日途絶えることなくスパムメールが届きますが、あのスパムはいったいどれ位の効果があるのでしょうか。

明らかにスパムとわかるメールが大半ですが、スパムに引っかかる人はどのくらいの割合でいるのかをカリフォルニア大学が調査したそうです。

Techrader.comによると、1250万人に対して1人だまされる人がいるようです。

プロキシーボットを利用してハイジャックされた75869台のPCをコントロールして調べたようです。

26日間で、3億5000万通のメールに大して28の売り上げが出たそうで、これは、0.00001%にも満たないそうです。

しかし実際にはスパムを送る業者はとんでもない規模で送っているため、それでも1日に7000ドル(約70万円)、年間350万ドル(約3億5千万円)になると見積もられています。

この調査記事に対する海外サイトのコメントを以下に抜粋しました。

・驚きだ、数字ゲームだな。

・我々にもスパマーにもリソースの無駄だな。

・なんてひどいオッズなんだ…、1250万に対して1…、オレのアフィリエイトもひどいオッズだと思っていた。

・クレイジーだな。

・バイアグラ欲しい人の確率?

・今でもスパムする理由が理解できないし、どうやって成り立つのか疑問。

・そのオッズは僕が女性をゲットする確率に近い。しかし1250万の誘いの言葉を考え付いていない。

・このことをスパマーに教えてやってよ。

・0.00001%以下で、1日7000ドル?いったいどうやって?

・どうせスパムしても返事はオレからくらいなもんだ。「死ね…」と。

・オレはスパムを送る会社にいたが、その数字は正しくない。200万通のスパムに対して500UU、その倍のインプレッションがあり、0〜30の成果があった。

・オレはスパムは大嫌いだが、年間350万ドルは魅力だ…。

・スパマーは死刑だ。

・しかしハイジャックするのは違法なんでは?

・回答は、その28名を探し出してPCを取り上げよう。これで問題解決。マネーフローが止まれば、スパムも止まる。

・この調査にハイジャック?道徳的じゃない上に1200万通のスパムを送るって…、解決の方法かい?

だまされる確率自体は悪いですが、それでもスパマーたちをこれだけ儲けさせているとなると、スパムが減らないはずですね。

むしろスパマーが儲けるために、さらに増えるのかもしれません…。

Digg - Spam gets 1 response per 12,500,000 emailsより

ネットワーク 現場の教科書 増補改訂版 (IDGムックシリーズ) (IDGムックシリーズ)

アイ・ディ・ジー・ジャパン
売り上げランキング: 59599

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 11/11 タスポサポートとかフラッシュアニメとか。  [ オヤスミ速報 ]   2008年11月11日 16:16
近所のすごく小さいタバコ屋さんが「タスポサポート始めたからどう?」と言ってきました。 持ってなかったし、すぐにできるならと思って了解してみましたら、その場で写真撮影(無料)と身分証コピー(10円)してくれて、申し込み用紙を渡されました。タバコ屋さんの前に...
2. らばQ:スパムメールに返事をする確率は1250万通に1通  [ だぶだぶノート ]   2008年11月12日 19:03
1通で何ドルくらい儲けられるのかも気になります。 ...
3. 迷惑メールの返信確率は、1/1250万通で年間3億5千万円  [ 独断と偏見の気になる情報セキュリティ ]   2008年11月15日 02:25
迷惑メールの返信確率は、1/1250万通で年間3億5千万円
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。