2008年11月14日 23:40

おばあさんの葬式に出席したら、孫の数なんと172人!

 
葬式

マーガレット・メアリー・ワードさんはアイルランドからイギリスに移民し、87歳の生涯を閉じました。

盛大なお葬式が行われ、初めて全員の孫が顔を合わせたのですが、何とその数172人というから驚きです。

すでに亡くなった夫のチャールズさんとの間に、15人の子供をもうけました。

孫の年齢は51歳から11歳までおり、400人以上が聖セバスチャン教会で行われた葬儀に参列しました。

15人の子供、172人の孫、36人のひ孫、18人のひひ孫がいたというから、その家族の拡張ぶりには目を見張るものがあります。

子供が15人というのも多産ですが、その子供たちもひとり平均11.3人産んだ計算になります。

子供の1人は「母は誕生日を忘れたことはなく、全員がクリスマスのプレゼントをもらった」と言っています。そのために彼女は一年中プレゼントを買っていたそうです。

生存している子供たち12人も集まり、172人の孫はそのとき初めて全員集合したそうです。式では孫172人の全員が風船を空に飛ばしたそうです。

たしかにこれだけ大所帯では、親戚のパーティで全員が集合するというわけにもいきませんね。

それにしても自分の孫が172人もいるって、どういう気分なのでしょうか。

日本の少子化も彼女くらい家族を増やしてくれる人がいるなら、すぐに止まるような気はします。

Grandmother of 172 laid to rest in UK - The Irish Timesより

数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜
ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー ロートラウト・ズザンネ ベルナー
晶文社
売り上げランキング: 15715
おすすめ度の平均: 4.0
5 小学生でも、フィボナッチが理解出来る!!
5 算数への興味を引きだしてくれる
5 まーなんですがーー数学ぎらいです
4 評判通りの面白い本
4 もっと早くに読みたかったなぁ

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。