2008年11月17日 11:40

司法の勉強をしている学生からノートパソコンを盗んじゃいけない理由

 
ノートパソコン

まぬけな泥棒の記事をいくつか紹介してきましたが、今日紹介する泥棒は別にまぬけだったというわけではありません。

ただし司法を勉強する学生からはノートパソコンを盗んではいけない、ということは学んだようです。

アリゾナ州で司法の勉強をするアレックス・ボッツィオスさんのアパートに、野球のバットを持った泥棒が早朝、窓から侵入してきました。

ボッツィオスさんが目覚めると同時に、泥棒のガブリエル・ソウシードはバットで頭を叩き割ると脅しました。

命の危険を感じたボッツィオスさんは、その時点で財布とギターをあきらめるつもりでしたが、泥棒はそれだけでなく、ノートパソコンをも盗もうとしたのです。

それを見たボッツィオスさんは、「おい、ダメだ、やめてくれ!事件のメモがそこに全部入ってるんだ!俺の4ヶ月分の勉強なんだぞ!」

泥棒は法学の勉強4か月分というものが、いかにストレスのかかる作業量なのかまったく理解していなかったのです。

怒り狂ったボッツィオスさんは、泥棒ともみ合い、バットを取り上げ、顔をむちゃくちゃに殴りました。

ボコボコにされた泥棒
ボコボコに殴られた泥棒のガブリエル・ソウシード

警察はソーシードを逮捕して起訴する前に、病院で治療させなければいけないほどでした。

ボッツィオスさんはすり傷ですみ、ノートパソコンは無事だったそうです。

もう窓は開けっぱなしにするのはよすと話しているボッツィオスさんは、パソコンを取られることが起爆剤になったようです。

侵入先が3年生くらいだと、ここまで必死の反撃は食らわなかったたかもしれません。

数か月分のデータを失うとなったら、命の危険も顧みずに逆上する気持ち、わかります。

でも、これがコンピューターサイエンスの学生なら、強盗の命はなかったかも…

そういうことではなく、盗みはいけませんね。

そしてなにより、大事なデータはバックアップを忘れずに。

Why You Should Never Try to Steal a Law Student's Laptop - Switchedより

ことばのゲリラ反撃術―やられっぱなしで終わらせない!
ゆうき ゆう
すばる舎
売り上げランキング: 23297
おすすめ度の平均: 4.0
5 聴くだけじゃもったいないを気づかせてくれた
3 反撃術というよりは、心理学本
4 知識満々であなたを不快な気持にさせる相手がいたら是非!
5 内容も充実しています。
4 とにかくわかりやすい

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。