2008年11月20日 07:43

10歳の少女が本を読んで自分をアスペルガー症候群と診断する

 
本を読んで自分をアスペルガーと診断

アスペルガー症候群というのは、知的障害がそれほどないが、周り人の気持ちを汲み取れないなどの、対人関係の障害が出る「知的障害がない自閉症」として知られています。

イギリスで10歳の少女が本を読んでいて、自分がアスペルガー症候群だと気づいたというニュースがありました。

Telegraphによると、10歳の少女ロージー・キングちゃんは、自閉症と診断された少年ジョナサンの目線で書かれた本「リトル・レインマン」"Little Rainman" を読んでいたそうです。

その本は自閉症の兄弟・姉妹を持つ子供に自閉症のことを教えるための本なのです。

彼女の弟レニー君(6歳)は4年前に、アスペルガー症候群であるとの診断を受けました。

そのため両親リチャードさん(43歳)、シャロンさん(38歳)は、そのことをロージーちゃんに知ってもらうために本を渡していたのです。

母親のシャロンさんと一緒にページをめくり、アスペルガー症候群についての説明を読んでいると、彼女は、「これは私のことかもしれない」と言ったのだそうです。

シャロンさんは「最初は信じられなかったけれど、いろいろ思い当たるところもあった」

「弟のレニーが小さい時に診断されたことから、彼が自閉症的であることはわかっていたけれど、それに比べて、少し変わったところはあったけれどロージーは快活な社交性のある子供だと考えていた」と伝えています。

そのことで彼女のことも両親は注視するようになり、専門家に見せることにしました。するとマイルドなアスペルガー症候群だと正式に診断されたそうです。

父親のリチャードさんは「アスペルガーの子供は他者との対人関係で問題が出たり、精神的なトラブルが表に出やすいものだが、ロージーは他人にとても興味を示していた」と述べています。

しかしながら、「今後の対処を考えると本を読んで判断ができたことはよかった」と言っています。

「3人の子供たちとの生活に満足していて、特に何かを変えたいと思わない」とリチャードさんは続けます。

ロージーちゃんは映画を作ったり、発明家になりたいそうで、アスペルガー症候群のことについては、「アスペルガーを持ってることは、私は他の人とは違うものを持っていることになるので、とてもいいわ。想像力がふくらむの。」と伝えているようです。

原文を読んでいて思いましたが、こういう子供が大物になるような気がします。

わが家は自閉率40%―アスペルガー症候群親子は転んでもただでは起きぬ
星空 千手
中央法規出版
売り上げランキング: 38859
おすすめ度の平均: 5.0
5 教職員方にもぜひオススメしたい一冊
5 お勧めの1冊
5 異色だけど読みやすい

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 11/20 グーグル携帯とかICOプラネットとか。  [ オヤスミ速報 ]   2008年11月20日 11:06
★なかやまきんに君 友達ができないストレスで痩せる
2. 気になったこと  [ お前ら表へ出ろ ]   2008年11月20日 18:26
自閉症ってどんな病気?かなり良く聞くには聞くんだけどどんな病気なのかはわからない。とりあえず軽く調べてみた。自閉症 - Wikipediaうわー読む気が起こらないな。なになに・・・まず先天性の病気なんですね。で・・・?コミュニケーションにおける質的な障害 視線の相対・...
3. アスペルガー症候群  [ 発達障害を理解する ]   2008年11月21日 08:21
アスペルガー症候群とは、 一般的に知的障害を伴わない、 発達障害を指します。 知的障害のない 自閉症と定義する場合もあります。 特徴として 言語障害は無く、 視覚認知・空間認知力に、 障害があるとされ、 対人関係において コミュニケーションを....
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。