2008年11月22日 23:12

飼い主を亡くしたオウム、羽をむしるほどショックを受け抗鬱剤を服用

 
鬱病のヨウム

オウムは人間の5歳児並の知性を持つものもいるほど非常に賢い動物なのですが、飼い主に対する忠誠心・愛情も強いものがあるようです。

イギリス・サマセット州のオウムが主人を亡くし、そのショックで鬱病になってしまいました。

そこで羽をむしり頭をゆする彼を救うために、プロザックという抗鬱剤を投与したそうです。

ヨウム"African Grey"という種類のフレッドは、最愛の育ての親であるジョージを9ヶ月前に亡くしました。

フレッドは悲しみのあまり、首周りの羽をむしり、一日中頭を揺らすようになってしまったそうです。

専門家は、彼はジョージが姿を消した理由が理解できなかったため、鬱になってしまったのだと見ています。

そこで鳥用に調整したプロザック(抗鬱剤)を与えたところ、以前のように止まり木に戻ったそうです。

犬が飼い主を亡くしてショックを受けるといった話は聞きますが、オウムもここまで飼い主と結びつきが強いとは驚きですね。

Nothing To Do With Arbroath: Depressed parrot given Prozac after owner diesより

Trudi キーリング9cm[Keyring] オウム
TRUDI
売り上げランキング: 96159

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. スチュワーデス(CA)さんの制服に関して  [ Pocketworks : Idea Portal ]   2008年11月24日 14:28
スチュワーデス,CA,キャビンアテンダント,制服,ユニフォームコレクション,ローソン,ボトルキャップ,ハッピーフライト,矢口史靖,田辺誠一,時任三郎,綾瀬はるか ...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。