2008年12月02日 06:07

ケンブリッジ大学のてっぺんにサンタの帽子が…、消防車3台出動する騒ぎに

 
ケンブリッジ大学にサンタの帽子01

本来大学生というのは勉学に勤しむものですが、ユーモアやいたずら心に火がつくと彼らのエネルギーは計り知れないものがあります。

ケンブリッジ大学のカレッジの1つである、ゴンヴィル・アンド・キーズ・カレッジ(Gonville and Caius College)で、学生がジョークにサンタクロースのあの赤い帽子をカレッジのゲートのてっぺんにかぶせてしまったのでした。

ケンブリッジ大学にサンタの帽子02

このコミカルとも言えるこのいたずらを大学側はユーモアとは思わなかったようです。

すぐに帽子の撤去をする措置を取るのですが、なんと3台の消防車で10人以上の消防士が1時間以上かけて、ようやく帽子を取り外したとのことです。

地元の人は「大きな火事でもあったのかと思った」と言い、サンタクロースの帽子が救い出されるまでに、油圧式のはしごとかなりの時間がかかったそうです。

周りには人だかりが出来、一時的に道路も閉鎖したため渋滞を招く事態となりました。

いったい誰がどうやって帽子をかぶせたのかは謎のままらしく、特にこのゲートのてっぺんに登るのは不可能だとされています。

1937年に発行された「The Night Climbers of Cambridge」(ザ・ナイトクライマー・オブ・ケンブリッジ)と言う本があり、それを参考にしたのではないかと推測されています。

ゴンヴィル・アンド・キーズ・カレッジは1348年に創立された由緒ある大学で、あのスティーブン・ホーキング博士も現在、特別研究員として在籍しています。

医学で定評のあるカレッジですが、学生のユーモアも抜群ですね。

ですがケンブリッジ大学の新聞には、危険と規律についてつらつらと述べてあり、極めて遺憾だと、これに関係した者に対する処罰の意を示しています。

ということできっと犯人は出てこないとは思いますが、いったいどうやって登ったのか気になりますね。

Nothing To Do With Arbroath: Three fire engines called to remove Santa hat from Cambridge college roofより

サンタ服 ワンピース
ドウシシャ
売り上げランキング: 362

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。