2008年12月04日 09:09

びりびりに破られた140万円、落とし主が現れなかったので拾い主のものになったけれど…

 
びりびりに破られた1万ポンド

現金などの拾得物を正直に届け出て、そして一定期間落とし主が現れなかった場合、拾い主のものとなるのはイギリスでも同じです。

ごみ収集の作業員が、ある日チョキチョキと切られた10ポンド紙幣と20ポンド紙幣、計1万ポンド(約140万円)ほど入った袋を見つけました。

どうして現金が捨てられていたのか、どうしてまたその紙幣が切られていたのかは謎ですが、見つけたグラハム・ヒルさんは正直に警察に届け出ました。

その後、6ヶ月経って警察は犯罪との関わりを見つけられず、持ち主も現れず、その切られたままの紙幣の山をグラハムさんに渡すことになりました。

もちろんジグソーパズルのようバラバラになったその紙幣を彼がつなげられたらの話ですが、シリアルナンバーなどをうまくマッチさせたら、新しい紙幣に交換してくれるとのことです。

そのゴミ袋は5月7日と8日の朝に2箇所に捨てられていたそうで、正確な金額はわかっていませんが、1万ポンドくらいだろうと見積もられています。

この件でグラハムさんはコメントをしていませんが、しばらくパズルで忙しくなりそうです。

果たして拾った金額に見合った労働になるのでしょうか。

切って捨てる人がいるほど、世の中には現金が余っているようですが、どうせなら切らずに捨ててほしいものですね。(願)

Cleaner told he can keep £10,000 in cut-up banknotes, if he can piece it together - Telegraphより

仕事が速くなる プロの整理術
吉越 浩一郎
日経BP出版センター
売り上げランキング: 43
おすすめ度の平均: 4.5
4 デジタルとアナログの融合は参考になる
3 よくも悪くもTOPの仕事術
5 少ないツールでも、整理することでスピードアップ
5 Google営業パーソン、発見!
5 常識を破る人のやり方はいつもシンプル

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。