2008年12月19日 10:17

「この犬いらない…」捨てた飼い主のひどい言い訳10

 
「この犬いらない…」捨てた飼い主のひどい言い訳

動物愛護の強いイギリスでも、犬のプレゼントが一番増えるのはクリスマスの時期。

しかしイギリス人だって皆が犬好きとは限りません。世話する責任が持てずに結局返してしまうという悲劇も多いようで、動物愛護団体では、

「犬はクリスマスのためだけでなく、一生のもの」
"A dog is for life not just for Christmas"

というスローガンを掲げているほどです。

それでも現在多くの子犬たちがプレゼントされ、その後すぐに手放されるケースが少なくないようです。

引き取った犬の施設が聞いた、もっとも無責任な犬を捨てる理由10をご紹介します。

1. この犬はうちのソファと色が合わない。

2. この犬は目の色が違っていて、デビッド・ボウイのように悪者に見える。

3. この黒い犬はうちの白いカーペットと合わないので、白い犬と交換してほしい。

4. この犬はちょっと歳を取っているので、子犬かもっと若いのと替えてほしい。

5. この犬は、冷ましていたクリスマスの七面鳥を食べたんだ。

6. 飼っているモルモットが犬が一緒だと不安がる。

7. クリスマス・イヴにプレゼントを全部開けてしまったんだ。

8. 掃除の途中に犬の糞にひざまずいてしまった。

9. 認知症の老夫婦へのプレゼントだった。

10. スタッフォードシャー・ブル・テリアってピットブル(凶暴な犬種)に似ているからイメージ悪い。

引き取り手のない犬を預かる犬の施設のスタッフたちは、時折これらの理由に言葉をなくしてしまうようです。

イギリスには犬のしつけが行き届き、扱いに長けているイメージがありますが、犬嫌いや無責任な人の感覚は万国共通のようですね。

ですが、「自分が犬好きなので他人も喜ぶに違いない」という安直な発想でプレゼントしてしまう贈り主こそが、一番無責任なのかもしれません。

Owners give up dogs because 'it doesn't match the sofa' - Telegraphより

犬と私の10の約束
犬と私の10の約束
posted with amazlet at 08.12.19
川口 晴
文藝春秋
売り上げランキング: 8709
おすすめ度の平均: 4.0
5 犬と私の10の約束
4 ソックス愛らしい
4 映像がよいです
5 泣きました
5 犬10で涙

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. うまい!(ありえない!)言い訳まとめ  [ TuiTui ]   2011年09月13日 12:02
ついつい言い訳をしてしまうことってありますよね。今回はちょっと面白い言い訳をまとめてみました。実生活に使えるのもあれば呆れてしまうような言い訳も...!?
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。