2008年12月22日 21:24

世界最小の鳥「マメハチドリ」は鉛筆にとまるサイズ

 
マメハチドリTOP

キューバに生息するマメハチドリは全長たったの4〜6cm、体重2gという世界最小、最軽量の鳥です。

こんな小さな羽根で本当に飛べるのかと不思議になるほどですが、普通のハチドリ同様、秒間50〜80回羽ばたいてホバリングするように飛びまわるそうです。

マメハチドリ01

マメという名前どおり、コロンとした体型と小さな羽根。


マメハチドリ02

英語名は、"Bee Hummingbird"

ミツバチ・ハチドリという意味になりますが、秒間50〜80回も羽ばたく必要があるため、栄養価の高い蜜で激しい運動の栄養をまかなうとのことです。

考えたら普通のハチドリも、ブンブンとハチもように羽音を立てるから「ハチ」ドリという名前なのでややこしいことになってますね。英名のハミングもブンブンと言う羽音を指しています。


マメハチドリ03

大きさといい、動きといい、本当にミツバチのような鳥です。


マメハチドリ04

2gというと1円玉2枚分、5円玉は3.75gもあるので余裕でオーバーしてしまいます。


マメハチドリ05

実物をみないと、こんな小さな鳥がいるなんて信じられないほどですね。。

ガリバー旅行記では国に戻って巨人や小人の国のことを話しても誰も信じてくれない、という下りがありましたが…

YouTube - Bee Hummingbird in saudia arabia

サウジアラビアで飼われているマメハチドリの映像のようですが、虫みたいに飛び回っていて、ちょっと分かりにくいです。

写真だとかわいいですが、実物を見ても目が追いつかないかもしれませんね。

(2010/8/1)追記:蛾類の研究をされている方より、動画に写っている動物はハチドリではなく昆虫のホウジャクの一種ではないかとのご意見を頂きました。羽の黄色い部分やエビフライのような尻尾の感じ、飛び方を見てそう思われたそうです。

Bee Hummingbird - the smallest bird in the world, bee hummingbirdより

もの思う鳥たち―鳥類の知られざる人間性 (いのちと環境ライブラリー)
セオドア・ゼノフォン バーバー
日本教文社
売り上げランキング: 26093
おすすめ度の平均: 4.0
2 テーマはよいが・・・
5 ペット好き向きかも
5 小鳥を飼っている者として
3 恐竜から進化した鳥は、知性を持っている

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。