2008年12月29日 17:37

死んだ馬を買って大儲けした男の話

 
うま

チャックという名の若い男が、農夫から100ドルで馬を買いました。

しかし翌日、農夫が馬を届けに現れると、

「すまんチャック、馬が死んでしまった」と言いました。

チャックは「じゃあ、支払った金を返してくれ」

すると農夫は「それは出来ない、もうあの金は使ってしまったんだ…」

チャックは、「よし、わかった。じゃぁその死んだ馬をとにかくくれ」

農夫は不思議に思って尋ねました。

「それはかまわないが、死んだ馬をどうするのかね?」

チャックは言いました。

「その馬をくじの賞品にするんだよ」

農夫は「死んだ馬は賞品にはできないだろう」と言いましたが、

チャックは「いやできるさ、誰にも馬が死んでるとは言わないでくれよ」と言いました。

1ヶ月経って、農夫はチャックと会ったときに尋ねました。

「あの死んだ馬はどうなったかね?」

チャックは答えました。

「もちろん賞品にして、くじを1枚2ドルで売り、全部で500枚売れて、純利益は898ドルにもなったよ」

農夫は「クレームは出なかったのかい?」と尋ねました。

チャックは、「当たった男からだけクレームがきたが、彼には2ドル返したさ」

その後チャックは成長し、政治家になりましたとさ……。


政治家というのはつまるところ…、というお話でした。

Funny Jokes : Dead horseより

100年に一度の金融危機から資産を守る方法~「レバレッジ」経済を生んだ金融商品を設計した元外資系金融マンが書いた!世界経済新時代の資産運用~
諸岡 実麿
フォレスト出版
売り上げランキング: 38
おすすめ度の平均: 4.5
4 グローバル経済の視点啓蒙書?
4 実際の投資に役に立つ本です
5 旬の今 是非 読んでおきたい本
5 ペンネームだから書ける真実の金融
5 オバマ、 グリーンスパン、 サルコジ

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. [雑文]錬金術師  [ 深夜の馬鹿話 ]   2008年12月30日 22:44
死んだ馬を買って大儲けした男の話 らばQ:死んだ馬を買って大儲けした男の話 価値の無いものから金を生む発想力。詐欺だけど。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。