2009年01月06日 12:03

木を違法に切り取っていた犯人の意外な正体

 
ビーバー

ポーランドの北部で、木が切り倒されていたり、傷をつけられていたり、小さな丸太にされていたのを発見し、環境保護団体が警察に通報しました。

警察は違法な伐採として調査に乗り出したのですが…。

20ほどの樹の幹がきれいに重ねて置かれており、他の木には切り倒すための切り目が刻んでありました。

警察は引きずられた跡を見つけ、川まで追跡してみたのですが、なんとその真ん中にはビーバーのダムがあったということです。

通報した環境保護団体の人々は、「ビーバーの仕業ほど自然なこともない」と、自分たちの行為が間抜けであったと感じているようです。

ですが環境破壊の犯人は実はビーバーだったというのも、彼らの木の伐採のしかたが実に見事であったことを物語っています。

ビーバーは小柄なイメージを持っているかもしれませんが、Wikipedia:ビーバーによると体長74〜130cm、尾長22〜30cm、体重30kgと、丸太を運び出すだけの立派な体格を持っているようです。

それにしてもいい仕事をしますね。

Illegal Logging? - Neatoramaより

毎日かあさん カニ母編
西原 理恵子
毎日新聞社
売り上げランキング: 561
おすすめ度の平均: 5.0
5 ハマリますねぇ、この人の漫画には。
5 ビックイシューでサイバラさん知りました!
5 あ〜楽しい
5 はかなくも勇気がいること
5 育児書に疲れたあなたに贈る本

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 違法伐採  [ Trackback mania ]   2009年01月06日 15:26
木を違法に切り取っていた犯人の意外な正体 自然保護団体ちゃんと調べろよと・・・w 無駄足の警察も可愛そう。 まぁ連中はダムを作るし、本格的に切り倒すからなぁ・・・ ...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。