2009年01月09日 11:45

「説得力ありすぎ?」アマゾンのレビュー、その凄まじい文面に大反響

 
牢屋

アマゾンで買物をしたことはありますか?

直接手にとって商品を見られないインターネット通販では、すでに買った人のレビューなどが参考になります。

とある本のレビューについて、米国のアマゾンで軽く1000人を超える人が『参考になった』に投票を入れた、かなり風変わりな文面が話題になっていました。

どんなレビューかと言いますと…

本のタイトルは「The Secret」(ザ・シークレット)です。

実際のレビューは以下のアマゾンサイトで見られますが、
Amazon.com: Ari Brouillette's review of The Secretキャプチャ画像

ざっと訳してみたので、レビュー内容をご覧ください。

1406 人中、1385人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

☆☆☆☆☆ 「The Secret」は命の恩人だ! 2007/12/4

By Ari Brouillette


この「The Secret」という本がどんな風に僕の人生を変えたか説明させてください。

僕の個人的な、重大な危機を乗り越えることができた実体験です。

この本は、いかにして自分の希望やニーズを人生に呼び込むか、そして不要なものをいかにして人生から取り除くか、ということが科学的に書かれています。

この本と出会うまでは、物事に対して前向きな気持ちは一切持ち合わせておらず、むしろ自分の人生を脅かすほど無謀だったのです。

36歳のとき、気がつけば警備が中ランクの刑務所に3〜5年の刑を受けて入っていました。

罪状は公共物破損と公共の場での泥酔で、その厳しすぎる刑は酔った勢いで郵便箱に排便したからです。そのとき裁判官からは「まったく同じ罪状で3度目の起訴だ」ということを指摘されました。

明らかに当時はアルコールの問題を抱えており、郵便システムに対しも確実に敬意を払っていませんでした。しかしもっと重要なことは、自分の人生に与える破壊的な影響を自ら招いている、というおぼろげな現実をまったく無視していたことです。

刑務所に入って4日目、初めて他の受刑者たちとの顔合わせが許可されました。

レクリエーション場で、マーカスという受刑者が近づいてきました。

彼は静かに僕に言いました。

ウィンストンというタバコ3箱とプルーノというワイン(刑務所ワイン)8オンスでもって、新入りの僕を彼が買ったと。さらにマーカスは、これから僕が彼に毎日レイプされるということをこと細かく伝え、僕にきれいな目をしていると言いました。

言うまでもなく、僕は自分の人生がそこまで深く落ちたということにショックを受けました。

それまでホモ恐怖症だったことはなかったのですが、自分が実はレイプ恐怖症であることをそのときに認識し、さらに自分の価値が末端価格にして15ドルほどでしかない事実にも落胆しました。

部屋に戻って静かに座り、自分の人生をどうやって改善させ、有害な外的要因からどうやって距離を置くか、その回答を求めていました。

今に思えばこの時こそが奇跡的な瞬間だったわけですが、、僕がマーカスから狙われている事を自分と同室だったジム・ノートンが知っていて、解決につながるかもしれないものがあると言いました。

そして彼がくれたのが、「The Secret」(ザ・シークレット)という本だったのです。

普段の僕なら、そんな重大な危機のときに精神向上のための本に興味など示さないのですが、他に選択肢もなかったのでその本を読み始めました。

最初の何章かは、「人を惹きつける法則」についての本質みたいなことが書いてありました。

人間には人生をよくする根源的な万有の力があるという内容です。それら最初の何章かの理論は、特に僕の気持ちを落ち着かせるものではありませんでした。

それどころか瞑想した経験もなく、刑務所内の騒音のために自分に必要な前向きな気持ちを持つことは困難でした。

それは「人間関係の秘密」という、第6章にきたときでした。

そのときに、この本でどうやってマーカスのネガティブな意図を遠ざけることが出来るかということに気づいたのです。

第6章から本に彫りこまれた空洞部分があり、そこには刑務所用の刃物が埋め込まれていたのです。

特別なそのナイフは歯ブラシの取っ手が何度も溶かされたり、削られたりして、刃のように尖っていました。

翌日、僕は運動場でその本を持ち歩いていました。マーカスが近づいてきたときにその本を開き、彼の首を刺しました。

次の8週間は独房で、前向きな気持ちを持つ練習をする十分な時間がありました。

そして1日16時間という暗闇は実際に僕に前向きな見方をさせました。

他の人が僕と同じように、この本によって人生が劇変するかはわかりませんが、僕はこの本に出会えてとても感謝しているし、心からこの本をお薦めします。


このレビューを読んで、殺到していた欧米人たちのコメントの数々です。

・これは古いレビューだが、もしものときのために読んですぐにこの本を注文して本棚においた。いや、郵便箱に排便しまわるっていう意味じゃないが、アメリカの一黒人として念のためだ。背中から撃たれたり、リンチされることもあるかもしれない。そのほかに「刑務所プルーノのレシピ」"The Recipe for Prison Pruno"という本からそのワインの作り方がわかった。きっと著者も"The Secret"を持っているだろう。

・俺はすぐ自分の歯ブラシを溶かして、やすりで鋭くしておいた。最近はどうなるかわからんからな…。

・郵便箱にってところで才能のほとばしりを感じた。

・すばらしい。

・このレビュー内容なら、本はアマゾンの人気ランキング行きだな。

・ジム・ノートンに1票、それと机の前で笑いを咳に変えなくちゃいけなかったことにも。

・郵便箱に排便…それも3回も…に1票。さらに彼の格言「明らかに僕はアルコールの問題を抱えており、郵便システムに対して敬意を払っていなかったことは確かと言えます」にも1票。

・2ヶ月前に酔っ払って郵便箱を破壊してしまったんだが、これを読んでもう二度としないと決めた。

・郵便箱に排便て才能がいるだろう。

・きっとこの本の著者も笑ってるだろうな。

・ジム・ノートンはヒーローだ。

・今日読んだもののなかで一番おもしろかった。

・「ホモ恐怖症ではないが、レイプ恐怖症である」これを俺の石碑に彫って欲しい。

・郵便箱に排便って、背がかなり高いのか。

・久しぶりに激しく笑わせてもらった。

・本を注文したよ。今までで一番最高なレビューだった。

・「自分の価値が末端価格にして15ドルほどでしかない事実にも落胆しました」に1票。

・これはデンタルケアがいかに重要かってことを教えてくれる。特に刑務所では。

・今まで読んだレビューの中でも最も参考となった。

・アルコールの問題を抱えてて、郵便箱に排便して禁固刑をくらった人間にしては驚くほど文才がある。きっと書く技能のいる職業に就けるだろう。

・こいつの他のレビューもおもしろい。読んでみてくれ。

・僕もレイプは怖い。

まったく本と関係ない割には、このレビューが参考になったと言う人で殺到しているのにも驚きです。

参考になったような、なっていないような、本を買いたいような買いたくないような…そんな気持ちです。

ちなみにこの本、アマゾンで以下のように和訳版も出ていますが、ざっと見たところ日本のレビューにはここまでぶっ飛んだものはなさそうです。残念?

Digg - The Secret Saved My Life! [Hilarious Amazon Review]より

ザ・シークレット
ザ・シークレット
posted with amazlet at 09.01.09
ロンダ・バーン
角川書店 (2007-10-29)
売り上げランキング: 99
おすすめ度の平均: 4.0
5 引き寄せの法則
4 今後に期待。
4 曇りのち晴れ
3 確かに真実だが・・・
3 目新しいことはない

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
1. 郵便箱で排便するセンス!イカす!!  [ WUAH CREATIVE SAMURAI BLOG -ワー クリエイター ブログ- ]   2009年01月09日 13:35
JUGEMテーマ:叫び! これは笑った。 The Behemothという海外のゲームメーカーの時にも書いたけど、海外はジョークのセンスがある。 これはきっと、今の日本と違って、多少のことには目くじら立てず、「笑って済ませる」土壌があるからこそ 生まれるんじゃないかと思...
2. ザ・シークレットの米国Amazonのレビュー  [ NORIのブログ ]   2009年01月09日 20:02
「ザ・シークレット」といえば「引き寄せの法則」で有名な本ですが、米国Amazonでのこの本に対するレビューでスゴイのがあったとか。 紹介モトネタはこちら↓ らばQ:「説得力ありすぎ?」アマゾンのレビュー、その凄まじい文面に大反響 んで、さっき見た時点で、1,385...
3. [雑文]本の内容全く関係ねー!  [ 深夜の馬鹿話 ]   2009年01月12日 21:41
「説得力ありすぎ?」アマゾンのレビュー、その凄まじい文面に大反響 らばQ:「説得力ありすぎ?」アマゾンのレビュー、その凄まじい文面に大反響 今度からポスト破壊したらあかんよ?
4. アマゾンのブックレビューについて  [ 「きちでんせいけん」の今宵mo食べてnight! ]   2009年03月04日 11:28
アマゾンのブックレビューは当初はアマゾンに勤める人たちで全て書いていたようだ。しかし、もっと一般的な内容が書かれたほうがいいのではないかということで、今のような生の声を投稿できるようになった。アマゾンとしてはかなりの賭けだったらしい。中には良くないという....
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。