2009年01月12日 22:28

Google検索2回で、やかんを沸騰させるCO2排出量

 
グーグル

Googleで2回検索すると、やかんを1回沸騰させるのと同等量のCO2が排出される、との計算結果が出たそうです。

1回の検索でおよそ7gの二酸化炭素が作られ、やかんを沸騰させた場合は15gくらいということです。

家庭のパソコンを動かす電力と、そのコンピューターが世界のサーバーに出す命令からくるエネルギーをおよそ算出したものだそうです。

コンピューターの利用により環境にはどのくらいの影響があるのか、という警告の声が上がってきたことから調査されました。

それによるとITが排出するCO2は地球規模では2%となっているらしく、2007年に初めて航空産業を抜く形となりました。

ハーバード大学のアレックス・ウィスナーグロス博士の研究によると、一般のウェブサイトを巡回するのに毎秒約0.02gのCO2を排出しているそうで、高画質な動画などは毎秒0.2gにもなると考えているようです。

Googleは世界中に巨大なデータセンターを持ち、大きな電力消費をすることから、博士は「Google検索は間違いなく環境に大きな影響がある」と結論づけたようです。

もっとも検索を使わない場合、電話や車を使って調べたり、情報不足から無駄な消費行動が増えるわけで、産業全体の中でGoogleが槍玉にあがるのは、やはり例えとしてわかりやすいからでしょうね。

検索1回がいったいどの程度の消費をしているのか、というのは普段全く実感がないだけに興味深い話ではあります。

Two Google searches 'produce same CO2 as boiling a kettle' - Telegraphより

クラウド化する世界
クラウド化する世界
posted with amazlet at 09.01.12
ニコラス・G・カー Nicholas Carr
翔泳社
売り上げランキング: 583
おすすめ度の平均: 4.5
5 IT業界必読本
5 クラウド化とは何か?
4 レビューは賛辞の嵐である、、理解できぬ私は滅ぶのか?
5 技術革新、変革に対する目配りの大切さを再認識
4 今後のネットのキーワードは、「クラウドコンピューティング」

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. Yahooは何やかんになりますか?  [ 教えてクンの質問! ]   2009年01月12日 23:39
Google検索2回で、やかんを沸騰させるCO2を排出するという結果がでたそうです。 →Google検索2回で、やかんを沸騰させるCO2排出量 これからは、やかん沸騰何回分の消費電力をあらわすのがスタンダードになるのでしょうか。Googleは 2/やかん でしたがYahooは何やか....
2. ぐぐるな  [ 裏武士「伝統を、あそぼう。」βVer. ]   2009年01月12日 23:40
らばQの記事より Googleで2回検索すると、やかんを沸騰させるだけのCO2がでるそうです。 CO2が地球温暖化に影響ないという学者さんもいますけど、どちらにせよ相当のエネルギーを使って...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。