2009年01月17日 22:56

手をかざしたくなる不思議な針金と影のアート

 
光と影のアートTOP

針金に光を当てて文字や絵を描きだした、影のアート。

それだけなら不思議ということはないのですが、塗りつぶしたような太さが「本当に影なの?」と驚いてしまう、Larry Kagan氏の生み出すファンタスティックなアートをご紹介します。

光と影のアート01

筆記体を表現した影。見事ですが不思議というわけではありません。


光と影のアート02

文字通りアートを表現。照明を工夫することで太い影に。


光と影のアート03

ラッキーストライク。細い針金からこんな影が本当に出来るの?とちょっと信じられなかったのですが…。

以下のサイトでLarry Kagan氏の作品展が紹介されています。

JDN /from NY海老原嘉子のニューヨークSoHo通信 /第105回 OKハリス・ギャラリーで行われたLarry Kaganの鉄と影の作品展

まるでペインティングでもされたような絵や文字が、実は影と知り、来観者は一様に手をかざしてみるそうです。

と言われても、写真で見ただけではとても影だとは実感できません。実際にこの目で確かめたくなる楽しい作品ですね。

針金だけでなく、ライトの強さや角度でこんな表現が可能なんて、アートの奥深さを改めて感じます。

その他の作品はLarry Kagan氏のサイトからどうぞ。

Remarkable And Beautiful Shadow Art ~ www.popgive.comより

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 針金アート?影絵あーと?Larry Kagan氏の作品  [ IMブログ(インターネットミュージック学科) ]   2009年01月18日 16:46
らばQさんで紹介していたものですが、いったいどうやったらこのようになるのか不思議です。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。