面白ネタ / zeronpa / URL
2009年02月02日 12:42

プロの職人だって失敗はある…何か間違ってるケーキいろいろ

 
何か間違ってるケーキ00

欧米では、誕生日、結婚式、パーティ、出産祝いなど、人が集まるときに大きなケーキを作ることが多いです。

もちろん手作りも多いですが、パン屋さんなどプロの職人に頼んで作ってもらい、適当なメッセージをケーキに入れたりします。

しかしながら、プロの職人でも英語が苦手な外国人だったとか、センスが悪かったなどの理由で、大失敗に終わるケーキもあるのです。

そんな悲しいことになってしまったケーキたちのご紹介です。

Cake Wrecks

何か間違ってるケーキ01

これは女の子が生まれて、"It's a Girl"(女の子だった) というメッセージを入れるはずが、ガールのつづりが間違われて、「グリル(Gril)だった」となってしまっているケースです。


何か間違ってるケーキ02

「トッピングして欲しい」とケーキに書いてあります。

多分客の指示だったのでしょうが、それがそのまま書かれてしまい、肝心のトッピングはないがしろにされています。


何か間違ってるケーキ03

「"ウェルカム"と上に書いて」とケーキに書かれています。

これも引き受けた職人が英語がよくわからず、文字通り書いてしまったのでしょうね…。


何か間違ってるケーキ04

「"Congratulations"(おめでとう)を3回」

これも指示通りではなく、指示そのものが書かれています。


何か間違ってるケーキ05

電話などで注文すると誤解が起きやすいようです。
「もしもし、こちら○○ベーカリーです。」
「あ、もしもし、ケーキを注文したいのですが、ええと上司にプレゼントなんですが、彼の写真があればデコレーションしてもらえますか?」
「ええ、できますよ。それでは写真を持ってきてください。」
「じゃぁ午後にUSBメモリーをお持ちします」
〜しばらくして〜
「おい、このケーキにはどう飾りつけをするんだ?」
「カウンターを見てよ。そこに置いといたわ」
「これをケーキに乗せたいってかい?そうなのかい?」
「ええ、今客が持ってきたところよ」
「よしきた、任せてくれ」


何か間違ってるケーキ06

クリスマスには欠かせない"Merry Christmas"という文字が、"Marry Christmas"(マリークリスマス)となり、「クリスマスと結婚しろ」という意味になっています。


何か間違ってるケーキ07

「グッドラック ジェリー」(幸運を、ジェリー)という意味で作られたと思いますが、どうやらかなり悲観的なようです。


何か間違ってるケーキ08

あまりの奇抜さに悪夢を見そうです。


何か間違ってるケーキ09

何がどうと言われても困りますが、何かが間違ってると言わざるをえません。センスとか以前の問題です。


何か間違ってるケーキ10

オレンジの部分はむしろきれいでおいしそうなんですけどね。大部分は見事なプロの作品といって差し支えないでしょう。

上のほうに「ちょっとこれ必要ないだろう」と思われる部分さえなければ…。


日本の職人の美しいケーキを見慣れていると、海外のものは食べ物とは思えない色のケーキがあったりしますが、以前お伝えした「あのケーキ」を思えば、海外ではこういったものでも商売が成り立つのかもしれません。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。