2009年02月04日 11:43

犬の糞の放置…ドイツで飼い主を割り出すための秘策

 
犬の散歩

ドイツはリサイクルやエコロジーが盛んで、町などをきれいにする活動の多い国です。

そのドイツで、マナー違反をする人を割り出すために、科学的な対策を計画しているようです。

ドイツの小さな町では、犬の糞を放置する人が後を立たず困っていました。

そこで考えついたのは、登録されている犬のDNAを調べるということでした。

DNAからどの犬の糞であるかを割り出す、というものです。

飼い主の無責任さ、一般の人への迷惑を考慮した結果、とのことです。

かかるコストは決して安くありませんが、どの犬の仕業であるかを特定することで、公共での糞の放置をなくしていくつもりのようです。

割り出しや特定することより、むしろ抑制力として期待できそうですね。

DNA鑑定が進歩して手軽になりましたが、やがて人間の管理にも使われていくのでしょうか…。

German town to DNA test all dogs in fight against fouling | Mail Onlineより

ヒトゲノムを解読した男 クレイグ・ベンター自伝
J・クレイグ・ベンター
化学同人
売り上げランキング: 12895
おすすめ度の平均: 5.0
5 ベンターに対するイメージが大きく変わります
5 血湧き肉躍るベンター自伝

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 犬の糞への対処法 DNAで犬の飼い主を割り出す  [ 飲み会・食事の話のネタ ]   2009年02月09日 07:42
ドイツはリサイクルやエコロジーが盛んらしく 町をキレイにする運動も盛り上がっているらしい。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。