2009年02月11日 21:04

赤レンガが溶けてツララのように垂れ下がったロシアのナパーム実験場

 
ロシアのナパーム実験場00

鍾乳洞のようにみえますが、この溶けている部分は赤レンガだそうです。

ロシア軍のナパーム実験で、赤レンガの建物内部が高温により溶け出したこの姿になったとのことです。

兵器の威力に背筋がぞっとしてしまう写真をご覧ください。

ロシアのナパーム実験場01

ナパーム弾は、Wikipediaによると「きわめて高温(900〜1,300度)で燃焼し、広範囲を焼尽・破壊する」とのことです。


ロシアのナパーム実験場02

耐熱温度の高いレンガが溶けるというイメージが湧きにくいですが、一般的なものだと1000度〜1200度くらいで焼成され、それ以上の温度になると溶解する可能性はあるそうです。


ロシアのナパーム実験場03

赤茶色に赤レンガの面影が。


ロシアのナパーム実験場04

灼熱地獄の後。


ロシアのナパーム実験場05

わずか残った赤レンガ。。


ロシアのナパーム実験場06

本当にレンガ造りだったのか信じられないほど。

人間相手に使われてはいけない兵器だと見せつけられる光景です。

English Russia ≫ Icicles of Brickより

F-22はなぜ最強といわれるのか ステルス、スーパークルーズなど最新鋭戦闘機に使われるテクノロジーの秘密に迫る (サイエンス・アイ新書)
青木 謙知
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 4879
おすすめ度の平均: 4.0
4 良くぞ出版してくれた、と言いたい良著
3 ステルス戦闘機入門
4 少ない情報の中で貴重な情報
4 1000円は、ちょっと高いかな。
5 最強戦闘機の全てが分かる良書

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。