面白ネタ / zeronpa / URL
2009年02月16日 11:36

人の数だけドラマがある…たった1行にこめられた真実

 
人生

自分の言いたいことは一文では収まりきらないことが多いです。

だけどたった一文で表現するとしたら、いったい何を伝えますか?

そんな一文ばかりを集めたサイトがあるのですが、そこにはいろいろな人の真実とストーリーが垣間見えます。

抜粋してご紹介します。

・花火を怖がる26歳の女性をからかうのはたやすいことだ、怖がっているのは花火ではなく銃弾を思い出させる音だと気付くまでは…。   ―kisebs

・拒食症と、何かにすごく集中して食べるのを忘れるのとでは大きな差がある。  ―normal

・彼女が砂に書いたことを読もうと、押し寄せてくる波と競争した。  ―Ryder

・私は18歳で、母親になるには全く準備は出来ていないけれど、検査薬が陰性というのを見たとき思ったよりほっとしなかった。  ―Jess

・私が抗鬱剤を服用し始めるまで、母親がまじめに受け取ってくれなかったことがイヤ。  ―Charlotte

・娘が生まれた日は、腕に抱いて、においを吸い込み歩き回りながら、どんどん愛しくなっていった。  ―jfirth

・最初は3歳のとき、そして10歳、今は19歳だけど、想像もつかなかいほど、何が何だかわかっていない。  ―Franca

・2日前までは、ヘミングウェイは体の大きな黒人だと思っていた。  ―Steph

・俺の人生が台無しになってから7ヶ月経ったというのに、彼女の名前がパスワードに埋め込まれている。  ―Ben

・25kgも痩せたのに、存在はまだ消えていないようだ。

・あなたが死んだその日に、私の体はトラックのボンネットに強く打ち付けられて、そのへこみはまだ残っている。  ―Wendy

・とてもシンプルな新しい結婚指輪が欲しいと旦那に言ったのは、今つけている1.3カラットのダイアモンドは私の欲で、愛のシンボルではないと思ったから。

・彼が帰ってくる代わりに折りたたまれた国旗が送られてきて、そして一人になり、びりびりに破った。  ―Beth

・9年間、彼を思い続けてきて、昨晩彼はやっと私にキスをしてくれた。  ―Erzulie

・奴に殴られるのを待っていたら、奴が言ったことは、「彼女は君のことも裏切ってるよ」だった。  ―Cowboy

・ヨーグルトに青いフタならブルーベリーだと思うが違った。  ―Aaron

・きっと彼女にとっては酔った弾みのゲームだったかもしれないが、俺にとっては待ち望んでいたキスだった。  ―She's the One

・刑務所に枕を差し入れたり、伝言をしてくれないのは、残酷だと思った。  ―Amelia Larson

・「ハイ、あなたのママよ」と言ったら、彼が号泣したので、私はすぐに謝った。  ―Laura

・多分たった10秒ほどのハグだったけれど、俺の笑顔は数週間続いた。  ―Jackson

・僕のネコは2階の窓から重力というものを発見した。  ―Dante

・12年経っても、刑務所から誰かが電話してきて、彼が死んだと私に伝えてくると思ってしまう。  ―Rebecca

・角度によっては私もかわいいと彼が言う。  ―JDRose

・あの日は俺が、タコスとウォッカとスカイダイビングは、いっしょにやるべきでないと学んだ日だった。  ―Brandon

・彼女も9歳のときに5歳上の兄に性的な嫌がらせを受けていた、人生の姉妹が出来た。  ―TeaLover

・私が流産をして彼がほっとしていることは、私にはこの先忘れることができないかもしれない。  ―Lady

・私の人生の中できちんと整理されているものと言えば、薬箱だけだ。  ―Wishing

・40年前のバス停であの人は言った、「君にほかに何をしていいかわからない、だから結婚する」  ―SheMac

・私の15歳の犬が腕の中で生気なく横たわっているとき、私は名前を大きな声で叫んで、絶対にそれが死の世界まで聞こえたから、起きて尻尾を振ったのだと思う。  ―Jenny

・昔は彼が私を捨てるんじゃないかと悪夢を見ていたのに、今じゃそれがファンタジー。  ―Christine

・妻があいつの元へ走ってしまうまでは、本当にいい奴だと思っていた。  ―J Rock

・20年前に父が死ぬ前に、タバコをやめろと言われが、先月ようやくやめた。  ―RAM

・数ヶ月で16歳になるけれど、あと数年で人生の決断をしないといけないことを思うと、ずっと後部座席に座り続けたい気持ちになる。  ―lost

・白血病で死んだ9歳の弟のそばにいなかったとことを、一生後悔するだろう。  ―Chris

・ニューヨークでジャケットを忘れた。  ―bleh

・8歳の娘に「選択肢はレモネードか、レモネードか、レモネードしかないけど何を飲む?」と聞いたら、「2番目のは何だっけ?」と聞いてきた。

・おいしそうなライスプディングだと思って、一口食べたらタルタルソースだった。  ―Courtney

・偶然に君に借りたDVDを見つけて、返そうと思ったら君は亡くなっていた。  ―friend of a friend


たった一文でも、それ以上のことを伝えられることがわかります。

文章の力というのはそれくらい大きなものなのです。

One Sentence - True stories, told in one sentence.より

心にズドン!と響く運命の言葉 (王様文庫)
ひすい こたろう
三笠書房
売り上げランキング: 115
おすすめ度の平均: 5.0
5 このタイトル通りの内容
4 ひすいさんは好きじゃなかった
5 待ってました!
5 目からうろこのエピソード満載!
5 運命はコトバで変えられますね

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. game or not  [ 名言で読む「はてな」 ]   2009年02月17日 08:38
きっと彼女にとっては酔った弾みのゲームだったかもしれないが、俺にとっては待ち望んでいたキスだった。 らばQ:人の数だけドラマがある…たった1行にこめられた真実
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。